第2子妊娠を発表した本名陽子(2013年撮影)

写真拡大

 スタジオジブリのアニメーション映画『耳をすませば』の月島雫役などで知られる声優の本名陽子が27日、第2子を妊娠中であることをオフィシャルブログで発表した。

 日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」で『耳をすませば』が放送されたこの日、ブログで本名は「このたび、新しい命を授かりました。現在、妊娠7ヶ月になります。お腹もだいぶぽっこりしてきました」と発表。「実は一度流産を経験し、精神的、体力的にも辛い時期がありました」と告白したが、「今はつわりも落ち着き、元気いっぱい過ごしております」と現在は体調面に問題はないと明かした。

 2015年に第1子となる女児を出産しており、「第二子ということで気持ちに余裕を持てているのか、1人目の時とは違った毎日でとても新鮮です」という本名。妊娠初期と舞台出演が重なっていたことから、「共演者の方々には大変ご心配をおかけしました」と周囲への感謝をつづり、「元気な赤ちゃんと対面する日を楽しみに、お仕事と育児の両立を精一杯楽しんでまいります! これからもよろしくお願いいたします」と呼び掛けている。

 本名は1991年に映画『おもひでぽろぽろ』で、主人公・タエ子(今井美樹)の少女時代を演じて声優デビュー。1995年にヒロイン・雫の声を担当した『耳をすませば』で主題歌「カントリー・ロード」を歌い注目を浴びた。2004年には人気テレビアニメ「プリキュア」の初代プリキュア・キュアブラックの声を担当し、現在も声優として活躍。2014年7月30日、一般男性と結婚したことをブログで発表。2015年6月に第1子を出産した。(西村重人)