花見弁当「麗 -HARUKA-」は、先附、花見弁当、ちらし寿司、椀、水菓子をセットにした、贅沢な一品

写真拡大

パレスホテル東京では、3月1日(水)から5月31日(水)までの期間、色彩豊かな春の食材をふんだんに取りそろえた“春限定メニュー”や、爽やかな春の香りが広がる“春限定カクテル&シャンパン”が提供される。

【写真を見る】春にぴったりのカクテルも!(左から)「甘夏のマティーニ」と「林檎のギムレット」

日本料理「和田倉」では、芽吹く木々の新緑がまぶしい和田倉濠を眺めながら、春の味覚を織り込んだ料理の数々が楽しめる。

花見弁当「麗 -HARUKA-」(6500円 ※ランチタイムのみ)は、先附、花見弁当、ちらし寿司、椀、水菓子をセットにした、贅沢な一品。春の豊かな風味が堪能できる(※提供期間:3月1日から4月16日まで)。

同店ではその他、「黒毛和牛のすき焼き膳」(8700円)や、春のおすすめ会席「和 -NAGOMI-」(2万1600円)なども提供される。

また、ロビーラウンジ「ザ パレス ラウンジ」では、三段重に春の味わいを詰め込んだアフタヌーンティーを用意。ほろ苦い春の青菜の俵むすびや、旨みあふれるコールドビーフとレフォールマヨネーズのオープンサンド、甘酸っぱく熟したイチゴのロールケーキなど、春のエッセンスをお重に散りばめた。緑豊かな水辺の景色を眺めながら、優雅な午後のひとときを過ごそう。

さらにメイン バー「ロイヤル バー」では、桜色に輝くシャンパンや柑橘類の爽やかなカクテルが堪能できる。きめ細やかな泡が口の中に広がるシャンパンや、フレッシュな味わいの甘夏のマティーニなど、春らしさが香る一杯に注目だ。【ウォーカープラス編集部/Raira】