【詳細】他の写真はこちら

ガンダムをより“おもちゃ”らしく楽しむならコレですよね。

バンダイがおくる完成品アクションフィギュア「ROBOT魂」。同シリーズの新作として『ROBOT魂<SIDE MS>Gファイター ver. A.N.I.M.E.』が発売されることが明らかになりました。「Gファイター」は「機動戦士ガンダム」テレビシリーズに登場する機体で、「ガンダム」の上半身、下半身やコア・ファイターとドッキングしてさまざまな形態で活躍できるサポートメカ。

「ROBOT魂」シリーズの中でも“ver. A.N.I.M.E.”の名がついたものは、ファーストガンダム(一年戦争)世代の機体をアニメの表現により近いプロポーションで仕上げた決定版的モデル。『ROBOT魂<SIDE MS>Gファイター ver. A.N.I.M.E.』は税込7020円(「ガンダム」は別売り)で、一般店頭にて6月より発売予定となっています。

7形態、全部言える? ちょっとマニアックなガンダム合体メカ





「Gファイター」は「ガンダム」との組み合わせで多様なドッキングが可能。いわゆる戦闘機形態の「Gファイター」を含め、本製品でも7つの形態を再現できるようになっています。


Aパーツ(前部パーツ)・Bパーツ(後部パーツ)で構成される「Gファイター」。


Aパーツ・Bパーツがガンダムを包み込むように合体した状態の「Gアーマー」。


Bパーツがガンダムの下半身+コア・ファイターに合体した「Gスカイ」。


Bパーツがガンダムのコア・ファイターのみと合体した「Gスカイ・イージー」。


Aパーツがガンダムの上半身+コア・ファイターに合体した「Gブル」。


Aパーツがガンダムの上半身のみと合体した「Gブル・イージー」。


そして、ガンダムの上半身にBパーツを装着した、「ガンダム+Bパーツ」(別名「ガンダム・スカイ」)。

初見の方ならところどころ「え、コレとコレって何が違うの!?」と漏らすかもしれない、細かく違う合体がマニアック! いずれも別売りの『ROBOT魂 RX-78-2 ガンダム ver. A.N.I.M.E.』と組み合わせることで再現できます。しかし「ガンダム+Bパーツ」は今見ても衝撃的なビジュアルだ……。

 

また、各部ディテールにも怠りなしの本製品。機首ミサイルハッチやビーム・キャノン、Gファイターやコア・ファイターのコックピットハッチなども可動するギミックがうれしいところです。

 

おまけパーツも各種付属しており、機体各部のミサイル発射、バーニアの噴射などもエフェクトつきで再現することが可能。



ガンダム用に付属するガンダム・シールド(二重用)、ビーム・ジャベリン、スーパーナパームなどをフル装備させればこの通り。知る人ぞ知る『ガンダムDX合体セット』を思わせる出で立ちを再現できます。

どこまで充実する!? 一年戦争 ver. A.N.I.M.E.シリーズ



ver. A.N.I.M.E.シリーズとしては、「ガンダム」「ザク」はもちろん数多くのラインナップがすでに発売、または発表されています。



アニメには登場しないアナザーストーリー「MSV」のモビルスーツを含め意外な機体も多数。今回の「Gファイター」もこの流れの中で発表されたものです。次に何が出てくるか、このシリーズはどこまで続くのか、ガンダムファンの間で期待が高まっています。



文/柳 雄大(編集部)

(c) 創通・サンライズ

関連サイト



バンダイ『ROBOT魂 機動戦士ガンダム 一年戦争 ver. A.N.I.M.E.』スペシャルページ

【気になるロボトイwatch】バックナンバー一覧



【Vol.07】超合金もTFもガンダムも! クリスマスに間に合う“大人のロボ玩具”8選

【Vol.06】マストバイだ! トランスフォーマー「オプティマスプライム」の映画10周年記念モデル

【Vol.05】懐かし合体ロボ。「恐竜戦隊ジュウレンジャー」“大獣神”が超合金魂で帰ってくる!

【Vol.04】ワンフェス2016夏・このロボ&メカフィギュアがすごい!BEST10

【Vol.03】「ベアブリック」から超リアルロボフィギュアまで。メディコム・トイ20周年展がすごい!

【Vol.02】今年後半に大人買いしたいロボフィギュア。マクロス、パトレイバー、ガンダム「MSV」も!

【Vol.01】巨大「グレンダイザー」など懐かしロボ大集合。最新フィギュア夢の展示会