2017年1月26日(木)から新宿タカシマヤで「Amour du Chocolat!(アムールデュショコラ)」という、世界から選りすぐりの味わいが集うショコラの祭典が開かれています。高島屋とベルサイユのばらとのコラボも行われていて、非常に華やかなイベントとなっているのですが、その中にいろいろなチョコレートに混じって、ディンタイフォン(鼎泰豐)が「チョコレート小籠包」を出していると聞き、どんな代物なのか食べにいってきました。

アムールデュショコラ | 新宿タカシマヤ

https://www.takashimaya.co.jp/shinjuku/amour/index.html

チョコレート小籠包が日本初登場! | ディンタイフォン(鼎泰豐)

http://d.rt-c.co.jp/news/?id=post1392

JR新宿駅に到着。ホームの南端から新南改札・ミライナタワー改札を目指します。



改札から外へ出ると、新宿駅のすぐ隣にあるのが高島屋。



なんだか、入口のところが大変な華やかさになっています。展示されているのは文化服装学園の協力で制作された「オスカルのドレス」。



それを横目に見ながら、エレベーターで会場のある11階へ。イベントのキャッチフレーズは「進め!ショコラとともに!」。



「ショコラの祭典」ということで、いろいろなお店が選りすぐりのチョコレート製品を出しているのですが、今回のターゲットはここ、「ディンタイフォン」。小籠包がとても有名なお店です。



その台湾本店で大人気だという「チョコレート小籠包」が日本初上陸。2月1日(水)からはお店でも食べられるとのことですが、新宿タカシマヤではそれに先駆けて味わうことができます。なお、持ち帰り用の6個入り冷凍パックも販売されています。



現地で食べられるのは2個セットで、価格は280円。



ちなみに、添えているカードは購入したらもらえたものです。



蒸したての小籠包は熱々なので、食べるときには要注意。



ごくごくシンプルな、中身をチョコレートにした小籠包。しかし、このとろける甘みをもちっとした皮が包み込んでいて、肉入りの小籠包に勝るとも劣らない品です。台湾本店で人気があるのも頷けます。イベントは2月14日(火)までなので、機会があればぜひ足を運んで、蒸したてのチョコレート小籠包を食べてみてください。



ちなみに、このチョコレート小籠包だけではなく「Amour du Chocolat!」自体かなり充実した催し物です。これは無料配布している商品カタログなのですが……



「ベルサイユのばら」描き下ろし特別編を収録。



はさみ込まれているチラシには「なんて美しいショコラだ…!」や……



「では、ショコラをもっと贈ればいいじゃありませんか!」などと、思わず二度見してしまうようなフレーズがちらほら。



さらに、カフェブースの一部はフォトスポットになっていて、ショコラを味わいつつベルばらの世界に溶け込むことができます。一度足を運んでみる価値はあると思います。