“ザ・ビースト”(右上)に挑む挑戦者たち(下段)

写真拡大

 シルヴェスター・スタローンがエクゼクティブ・プロデューサーを務め、世界6か国から集まった108名の挑戦者が“ザ・ビースト”と呼ばれる巨大な障害物に挑むさまをとらえた全世界配信番組「アルティメット・ビーストマスター」の日本語版予告編が公開され、日本勢としては、お笑い芸人のなかやまきんに君をはじめ、SASUKE完全制覇者の漆原裕冶さん、映画『HiGH&LOW THE MOVIE』のパルクールでも話題の岡安旅人さんなどが参加していることが公表された。

 本番組を製作・配信するのは、世界9,300万人の会員数を誇るオンライン動画配信サービスNetflix。これまで映画、ドラマ、ドキュメンタリーを手掛けてきた同社が、初めてオリジナル作品としていわゆるバラエティー番組を製作した渾身の一作となる。それだけに番組内に登場する選手もグローバル。アメリカ、ブラジル、韓国、メキシコ、ドイツ、そして日本のトップアスリートが出演する。

 また解説役も各国から集められており、日本版の司会は、女優の秋元才加さんとスポーツキャスターの近藤祐司さんが担当。現地LAでの撮影に臨んだ秋元さんは「大きさも規模も見る光景が全て自分の人生の中で限界を超えていて、ああ、これがハリウッドスタイルなんだなと思いました。このスケールと挑戦を日本代表のホストとして責任持ってお届けしなきゃいけないな、ってすごく感じました!」と興奮気味にコメント。予告編では、全長約183メートル、高さ約25メートルの“ザ・ビースト”に、己の肉体と精神の限界を超えて挑む挑戦者たちの様子も収められている。「アルティメット・ビーストマスター」はNetflixで2月24日より全世界同時配信。(編集部・井本早紀)