町田が浜松を一蹴してPO出場を決める!! 浦安は湘南とドローでPO争いを一歩後退…《ゼビオFリーグ》

写真拡大

▽27日に愛知県のテバオーシャンアリーナで、SuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第30節の名古屋セントラルが開幕した。



▽Fリーグの全12チームが一堂に会するセントラル開催。今シーズン最後のセントラルで、初日第1試合ではバルドラール浦安と湘南ベルマーレが対戦し、1-1のドローに終わった。第2試合ではペスカドーラ町田とアグレミーナ浜松が対戦し、7-3で町田が勝利した。

◆バルドラール浦安vs湘南ベルマーレ

▽名古屋セントラル初日第1試合では、6位の浦安(勝ち点42)と11位の湘南(勝ち点22)が激突した。試合は7分、ゴール前でこぼれ球を拾ったFP上村充哉が胸で押し込んで湘南が先制する。その後は浦安が押し込んで試合を進めていくがゴールが遠く。それでも39分にFP星翔太が4戦連発となるゴールで、浦安が同点とした。浦安はその後も押し気味に試合を進めたが、試合は1-1のまま終了。逆転でのプレーオフ出場を目指す浦安にとっては痛いドローとなった。

◆ペスカドーラ町田vsアグレミーナ浜松

▽名古屋セントラル初日第2試合は、4位の町田(勝ち点53)と10位の浜松(勝ち点25)の対戦となった。第1試合の結果を受けてプレーオフ出場を決めた町田は、2分にFP中井健介がネットを揺らすと、10分にも中井が追加点を奪った。前半は3-1と町田がリードして終えると、23分にも中井が決めてハットトリックを達成。その後も浜松を寄せ付けず、町田が7-3と大勝した。