ピリ辛で、麺も野菜もたっぷりの台湾まぜそば

写真拡大

ミニストップは、愛知県一宮市の人気ラーメン店“めん屋JIN”が監修した「台湾まぜそば」と「どてカラ丼」を、1月31日(火)より、東海地区(三重県、愛知県、岐阜県、静岡県の一部)のミニストップにて発売する。  

【写真を見る】一宮市が地域をあげて推しているどてカラ丼。名古屋名物「どて丼」と、カラ揚げを組み合わせた個性的な一品

愛知県一宮市では、一宮青年会議所が中心となり、地域特性を生かしたまちづくりと一宮ブランドの定着を進めており、2014年には“誰からも愛され誇れる魅力ある商品”として、「どてカラ丼」を元祖一宮めしとして認定した。ミニストップはこの取り組みに賛同し、青年会議所とともに地域を盛り上げようと、昨年一宮グルメフェスで選考された一宮市の人気ラーメン店「めん屋JIN」監修の商品を企画した。

■ めん屋JIN監修 台湾まぜそば(498円)

今や名古屋のご当地メニューとなった「台湾まぜそば」。麺も野菜もたっぷりの豪快メニュー。

■ めん屋JIN監修 どてカラ丼(430円)

一宮市が地域をあげて取り組んでいる、元祖一宮めし「どてカラ丼」。名古屋名物「どて丼」とカラ揚げを組み合わせた。

ご当地グルメがコンビニで!東海ならではの味をぜひ試してみて。【ウォーカープラス編集部/セキノユリカ】