実際はどう思う?

写真拡大

男性保育士に娘の着替えを担当してほしくない――。男性保育士に対する保護者からのこんな意見に賛否両論が集まっています。

大沢あかね「子どもが恥ずかしいならNG」

きっかけは、千葉市長が男性保育士活躍推進プランについてこうツイートしたことでした。

(前略)「女性活躍を推進する一方、本来のダイバーシティ(多様性)を考えると男性が少ない保育現場などでは男性活躍を推進する必要があります。更衣室が無い、女児の保護者の『うちの子を着替えさせないで』要望が通ってきた等の課題が背景にあります」

これを発端に、男性の保育士が女児を着替えさせることについて、インターネット上では「女の子本人が嫌がるならまだしも、親が口出しするな」「男性保育士がいやらしい目で女児を見てると思ってるの?」「うちも女の子がいるけど、男性の保育士さんはちょっと抵抗ある」「生理的不快感の問題と生き方の多様性は切り離して欲しい」といった意見が続出。賛否両論が巻き起こっています。

「スッキリ!!」(日テレ系)に出演したタレント・大沢あかねさん(31)も、

「正直言うと、4歳、5歳、6歳くらいの恥じらいが出てくる年齢になると、全く気にならないっていうことはないです」
「一生懸命頑張っている保育士さんがたくさんいるっていうことを信じて預けてるんですけど...子どもの気持ちを一番に考えたい。子どもが恥じらいを持つのであれば、やるべきではないと思う」

とコメントしています。子どもへの性犯罪のニュースを見たりすると、「過敏になってしまう」とも。

待機児童や保育士不足が社会問題になっているからこそ、難しい問題です。

そこで、実際に女の子を保育所に通わせているお母さんたちはどう思っているのか、意見を聞いてみることにしました。

実際に「娘に触れさせないで」と頼んだママも...

都内に住むKさん(30代)は、3歳の娘さんのママ。仕事も育児もバリバリの女性です。そんなKさんは、男性保育士が女児を着替えさせることに多少なりとも不安を感じてしまう保護者に「気持ちはわかる」と理解を示します。

というのも、前に娘を担当していた保育士が男性で、粘着質な印象があったから。「全く気にならなかったと言ったらウソになる」と明かします。

「実際に『娘の着替えやトイレの介助はさせないで』と園長に頼んだ親もいました。もう少し大きい女の子のお母さんです」

そう言うに至った具体的な経緯は分からない、とのことですが母親としてはかなり気になったのでしょう。

現在のKさんの娘の担任も男性だそうですが、その保育士に対しては「全く気にならない」とのこと。

「男性かどうかより、その"人"によると思います」。

同じく3歳の女の子を都内の保育園に通わせているHさん(40代)はこの問題について「全然気にならない」と言います。

男性だからというわけではなく保育士個人と保護者との信頼関係が大切、とのこと。

というのも、以前Hさんの息子が通っていた保育園には、保護者とうまく話せないおどおどしたタイプの男性保育士がいたそうで、「性別の問題ではなく、彼個人について心配になった」そうです。

もしも、その保育士が娘を担当することになったとしたら――?

「最初から園に相談したりはしないけど、娘に『こういうことがあったら話すように』と注意しておくかな。小さい子どもだと善悪の判断がつかないこともあるので」

今回、複数のママさんにインタビューしましたが、おおむね「男性保育士の評判はとてもいい」と言います。子どもたちと一緒に汗だくになって遊んでくれたり、複数の子どもを一気に持ちあげて喜ばせたりと、女性保育士とはまた違う良さがある、と。子どもたちからも人気があるそうです。

議論があるのはいいことですが、男性だというだけで肩身の狭い思いをさせてしまうのは避けたいですね。