ミュージカル版の音楽はエルトン・ジョン! - 映画『プラダを着た悪魔』より
 - 20th Century Fox / Photofest / ゲッティ イメージズ

写真拡大

 映画『プラダを着た悪魔』がブロードウェイミュージカル化され、イギリス人ミュージシャンのエルトン・ジョンが音楽を担当することが明らかになった。Deadlineなどが報じた。

 『プラダを着た悪魔』は、ひょんなことから一流ファッション誌の鬼編集長(メリル・ストリープ)の下で働くことになったヒロイン(アン・ハサウェイ)の奮闘を描いた2006年の映画。今回のブロードウェイミュージカル版は、映画『プラダを着た悪魔』と、その原作であるローレン・ワイズバーガーのベストセラー小説を基にした作品になるという。

 エルトンは「Your Song(僕の歌は君の歌)」などの大ヒット曲を持つだけでなく、「ライオン・キング」や「ビリー・エリオット・ザ・ミュージカル」(映画『リトル・ダンサー』のミュージカル版)など映画を基にした大ヒットミュージカルの音楽を担当してきたことでも知られ、製作陣の本気度合がうかがえる。エルトンは「『プラダを着た悪魔』を舞台ミュージカルのために再び創造できるということで、とんでもなく興奮しています。わたしは原作本と映画版どちらもの大ファンで、ファッションも大好きです。取り掛かるのが待ち切れません」とコメントしている。

 脚本と歌詞を手掛けるのは、「くたばれハムレット」や「ジェフリー」などの劇作家ポール・ラドニック。上演時期についてはまだ発表されていない。(編集部・市川遥)