新婚当初を思い出して!妻を「女として見れなくなる」9つの瞬間

写真拡大

「結婚してすぐはラブラブだったのに、いつの間にか冷たい態度を取られるようになっていた」なんてことはありませんか?

その原因、妻を女として見られなくなったことにあるかもしれません。
できれば新婚当時のように恋人気分が残ったまま生活していきたいですよね。

そこで、夫が妻を女として見られない瞬間を紹介していきます!

●(1)容姿の変化を感じた時

『結婚して2〜3年は変わらずキレイだったのに、いつしか外出する時もメイク・服装ともに手抜きに……出掛ける時くらいもう少し頑張って』(31歳/人事採用)

結婚当時はきれいだった容姿が、少しずつ劣化していったら……。
少しずつ思いが冷めていき、気付いたら女として見られなくなってしまいます。
いつも家に「男性」である夫を意識 して、きれいでいてくれると夫も「女性」として意識できます。

●(2)結婚当時と比べると激太り

『出産したことによって多少の変化は仕方がないと思うけど、「子ども産んだらしょうがないよ〜」って諦めるのではなく、少しは戻そうとする努力をみせてほしい』(33歳/証券会社)

特に妊娠・出産によって太ってしまうことはよくあることですが、そこから痩せられずどんどん太ってしまうこともあります。
幸せ太りなんていい言葉もありますが、結婚当時の面影がなくなってしまった激太り妻は、もはや女に見ることができません 。

●(3)すっぴんばかりだと気付いた時

『会社にはお化粧していくのに、自分と一緒に買い物にいくときはすっぴんの妻。なんかちょっと寂しい……』(36歳/販売)

最近は共働きの方も多いので会社に行く日はメイクをしているのが普通かもしれません。
ですが、休日にすっぴんであることが普通になると、夫はすっぴんの顔しかほとんど見なくなります。

きれいにする努力を見せてくれないと、いつの間にかに女性として見られなくなってしまいます。
また、劣化した肌 を見せられ続けると、歳をとったことも意識されてしまいます。

●(4)マナーが悪い・礼儀がなってない時

『朝起きても「おはよう」とか挨拶はまずありません(笑)ご飯中も食べながらスマホさわってたり……。新婚当初はそんなことなかったのにな』(36歳/製造)

新婚当初はそれなりに気を使って生活していたはず!
一緒に生活することで、旦那さんが生活の一部になり、ちょっとしたマナーなどを守らない姿をみせてしまっているかもしれません。

まずは朝の挨拶や簡単なマナーから見直してみてはいかがでしょうか?

●(5)平気でおならやゲップをされた時

『結婚したからと言って、油断はしないでほしい。確かに人間なんだから出てしまうのは仕方がないけど、男の前では……ねぇ。出ちゃったとしても、出て当たり前!ではなくて、恥ずかしがるとかして欲しい』(32歳/講師)

家族とはいえ、平気で目の前でおならやゲップをされるのは幻滅されてしまいます。
必ずトイレへ行ったり、突然でも口を押さえたりなど、控えめな動き をしましょう。

どうしても我慢できずに出してしまったときには、恥ずかしそうに「ごめんね」という言葉を忘れずに!
出してしまうという行為よりも「出ても当たり前だと思ってる」という行為の方が幻滅されることが多いのです。

●(6)感謝や謝罪を言葉にしなかった時

『お互いに慣れてくるのは良いと思うけど、それでもやっぱり人として言うべき事、やるべき事はキチンとしてほしい』(27歳/飲食店)

「ありがとう」や「ごめんなさい」と言われると素直なかわいさ から女性らしさを感じられます。
一方、言葉にされないと無愛想であり、女性らしさを感じられません。

悪いなとおもったときに素直に謝れていますか?