円満の秘訣はコレ! 妻から飽きられないために必ずしていること・6つ

写真拡大

夫婦円満な関係を築きたい……そうは思っているけれど、どうしていいかわからない、という女性も中にはいると思います。円満な関係を築けば、日々に幸せを感じられるはず。そこで、今回は既婚男性の目線で、妻を飽きさせないために日常的にしていることについてお話を聞いてみました。

■1.コミュニケーションをとる

・「適度なコミュニケーション。欠かせない」(33歳/警備・メンテナンス/その他)

・「お茶目ないたずら。たまに本気で怒られるけど」(39歳/電機/技術職)

なんと言ってもコミュニケーションは欠かせませんね。コミュニケーションの基本、会話をやめてしまったら、意思の疎通がはかれなくなります。ユーモアを含めば、さらにいいコミュニケーションがとれるでしょうね。

■2.常にカッコよくいる

・「常に男性としてカッコよくあろうとしている。夫婦ではなく、男女の仲であり続けることが大事だから」(35歳/金融・証券/営業職)

・「常に若く見せたり、常にオシャレにしてること」(39歳/建設・土木/技術職)

好きになったときの彼から、どんどん劣化していってしまったら、非常にショックですよね……。人間ですから、加齢とともに変化が起こるのは当然ですが、カッコよく変化していってもらいたいものです。

■3.体型維持のため筋トレをする

・「体型を維持するように筋トレをしてる」(38歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「筋トレをして、だらしない身体にならないように鍛えている」(26歳/その他/その他)

カッコよくあり続けるためには、体型維持が非常に重要なポイントでしょうね。自由気ままに生活していたら、一気に幸せ太りしてしまうことも。

■4.家事や育児を手伝う

・「育児には必ず参加する。毎週家族のための時間を作る」(32歳/自動車関連/その他)

・「休みの日は炊事、洗濯、掃除を行っている」(38歳/商社・卸/事務系専門職)

共働き家庭でも、家事・育児を妻に丸投げ、という人は少なくありません。ですが、それでは女性側に不満がたまる一方に。お互い助け合って家事や育児をすれな、絆も深まるでしょうね。

■5.記念日を大事にする

・「誕生日や記念日にはささやかながらも何かすること」(37歳/小売店/営業職)

・「誕生日や結婚記念日などには、必ず凝ったプレゼントを渡す」(35歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

一緒にいる時間が長くなるにつれ、記念日や誕生日を大事しなくなる人もいますが、節目を一緒にお祝いすることはとても重要です。節目節目を意識することで、「また一年、この人とがんばっていこう」と思えるはず。

■6.愛情表現をする

・「相手を愛していることを言葉で伝えることを、ときどきしている」(36歳/機械・精密機器/クリエイティブ職)

・「毎日の連絡とキスを欠かさずに行う」(39歳/その他/その他)

キスや言葉での愛情表現を常日ごろからすることは、円満な関係を築く上で、一番大切なことかもしれませんね。愛情を感じられなくなったら、夫婦関係も冷めがちに。

■まとめ

円満な関係を築くため、妻に飽きられないために、男性たちもいろいろと工夫を凝らしているのです。でも、円満な関係を築くには、片方だけの努力では足りません。2人ともが同じ目標を持って、努力することで、本当に円満な関係が築けるはず。夫婦2人で協力する姿勢を忘れないようにしたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月8日〜12月12日
調査人数:152人(23歳〜39歳の既婚男性)