写真提供:マイナビニュース

写真拡大

サイレックス・テクノロジーは、Linux OSを搭載したアプリケーション組込用無線LANプラットフォーム「LB-100AN」を1月31日により発売すると発表した。

無線LAN対応機器の開発では、ハードウェア開発における初期投資費用・開発期間が大きくなる傾向があります。また、電波法に基づいた認可取得にも一定のノウハウと費用がかかることが機器メーカにとって高いハードルになります。

同製品は、同社製品が採用している無線LAN対応プラットフォームをベースとしたハードウェアと、無線LANドライバを含む開発環境(SDK)を機器メーカーに提供するもので、これにより、機器メーカーは大きな開発リソースを投じることなく実績のあるハードウェアを活用することができるようになる。また、無線LANモジュールに最適にチューニングされたドライバがライブラリとして提供されるため、無線LAN機器の開発時の課題となる無線LANドライバの組込作業や設定作業の手間を削減することも可能となるという。

無線LANモジュールは、IEEE 802.11 a/b/g/nに対応した同社製「SX-PCEAN2c」で、SDKには、無線LANドライバライブラリとして、アクセスポイント機能、ステーション機能、WEP/TKIP/AES暗号化機能、エンタープライズ認証機能が提供される。

なお、価格は3万5000円(税別)で、同社では、オフィス用途・産業用途でLinuxベース機器の無線LAN対応化や機能拡張のためのアプリケーション開発を検討する機器メーカー向けに販売をしていきたいとしている。

(小林行雄)