窪田正孝は元警察官の警備員・朝比奈を演じる

写真拡大

4月8日(土)夜8時15分から、窪田正孝と北村一輝が出演する土曜ドラマ「4号警備」(NHK総合)がスタートすることが発表された。

【写真を見る】北村一輝が演じるのは元社長の冴えない警備員・石丸

タイトルの“4号警備”は、警備業務の一つで“身辺警備”を意味する。窪田と北村は、民間の警備会社に勤務する警備員に扮して、さまざまな事情を抱えた人々の警護に当たる。

窪田が演じる朝比奈は、普段は明るく軽いノリの若者。元警察官だったが、ある“挫折”のために退官している。

北村演じる石丸は、そんな朝比奈がコンビを組むことになった相棒。元は会社社長だったが、警備員となってからは、慎重すぎる性格から“臆病者”のレッテルを張られている。

二人はたびたび対立しながらも、目の見えない男性やブラック企業の社長、市長選に立候補した主婦、そしてストーカーに悩まされる女性などの警護を担当。

その中でクライアントの“生きざま”に触れ、自分自身の過去にも向き合っていく。

また、片岡鶴太郎が二人の上司・池山役、木村多江が警備会社の女社長・本田役を務める他、阿部純子、濱田マリ、高木渉、神戸浩、久保田紗友、麿赤兒が出演する。