清水がブラジル人DFカヌを獲得…昨季、ACLプレーオフでFC東京と対戦

写真拡大

 清水エスパルスは27日、チョンブリー(タイ)からブラジル人DFカヌが完全移籍にて加入すると発表した。

https://twitter.com/spulse_official/status/824918673148178432

 カヌは現在31歳。2005年にブラジル国内でデビューすると、その後は同国内のクラブを転々とし、2010年にブリーラム・ユナイテッド(タイ)へ移籍した。2012年からはチョンブリーでプレー。昨季、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2016プレーオフでFC東京と対戦した際には、先発フル出場した経験も持つ。

 同選手は清水加入にあたりクラブ公式HPでコメントを発表。日本でのプレーに意気込みを見せている。

「今シーズン、清水エスパルスのユニホームを着るチャンスができて嬉しく思います。クラブの目標達成のために、そしてサポーターの皆さんを喜ばすために、チームメイトと頑張りますので、応援よろしくお願いします」