写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Googleは25日(米国時間)、.js拡張子の添付ファイルを2月13日からブロックすると発表した。数日かけて全ユーザーに適用される。

.jsファイルはJavaScriptのソースコードが記述されたファイル。Gmailではセキュリティのため、.exeや.msc、.batといった添付ファイルを制限してきた。新たに、2017年2月13日(米国時間)から、.js(JavaScript)ファイルの添付がブロックされる。

メールは、マルウェアの主な感染経路のひとつ。キヤノンITソリューションズが2016年Q3期に国内で検出したマルウェアの主要感染経路は、ランサムウェア感染を狙ったメールによるJavaScript形式のダウンローダとなっている。

Googleは、.jsファイルを送信する必要がある場合、Google DriveやGoogle Cloud Storageといったストレージサービスの使用を推奨している。