きょうは旧正月の大晦日  桃園空港で混雑/台湾

写真拡大

(桃園空港 27日 中央社)あすは旧正月。台湾桃園国際空港では海外から台湾に帰省した人や旧正月を海外で過ごそうとする人などで混雑している。空港の運営会社によると、26日の航空旅客数は13万人。27日も11万6000人に達すると予測している。

旧正月の大晦日とその前日としてでは、昨年よりも多くの人が利用しているという。台湾は27日から2月1日まで6連休となっており、連休明けの2月3日には再び混雑のピークを迎え、14万人の利用が見込まれるとしている。

(卞金峰/編集:齊藤啓介)