写真提供:マイナビニュース

写真拡大

テラドローンは1月27日、海内進出の第一弾として、オーストラリア(豪州)に、クイーンズランド州政府の支援を受ける形で子会社を設立したことを発表した。

オーストラリアを選んだ理由について同社では、ドローンの規制緩和・イノベーション推進策が進んでいることを挙げており、ドローンを用いた各サービス、製品、ソリューションを構築・実装し、実際の顧客の声をもとに改善、他国へと横展開したいとしている。

なお、同国においては、日本での実績のある土木測量事業に加え、オイルガス、マイニング、鉄道の点検事業などドローンを用いた各事業を行っていく予定だとしている。