写真提供:マイナビニュース

写真拡大

グローバルキャストとレゴの教育事業部「レゴ エデュケーション」は1月26日、レゴブロックを用いて創造力や思考力、コミュニケーションなどのスキル育成を目指すアフタースクールモデル「レゴクラス」の普及促進に向けたライセンス契約を締結した。

今回の契約締結により、レゴ クラスが大手塾や子供の集まる店舗の一画など、既存の施設を利用したサービスの提供が可能になり、グローバルキャストでは2017年中に60施設の開校を目指すとしている。

具体的には、車輪や歯車、てこの原理など身近なものの仕組みを組み立て体験しながら科学を応用した創造力と問題解決力を身につける「ワールドサイエンス」と簡単なプログラミングで、レゴブロックでできたモデルを動かし、論理的な思考力や観察力や表現力を養う「コードクリエイター」の2つのカリキュラムを中心に2017年は展開していく予定としている。