動画:もう写り込みたくない! 360度撮影にあると便利な各種グッズ:わっきのぐるぐるVR学園

写真拡大

今回は360度撮影にあると便利なグッズをご紹介します。全天周カメラを手で持って撮影すると、自分の手が大きく写り込んでしまいます。それを軽減するのにもってこいなのが自撮り棒です。

さらに、自撮り棒にミニ三脚を付ければ自立撮影も。しっかりした自撮り棒やミニ三脚を使えば、動画や星景写真撮影などでも安定して使えます。

ミニ三脚も色々なタイプのものがありますが、脚の細いタイプがオススメです。自撮り棒をさらに一脚などで延長すれば、ちょっとした高所撮影も可能になります。三脚ネジのない全天周カメラでは、スマホ固定ホルダーなどを使えば良いでしょう。用途に合わせてご用意してみてはいかがでしょうか。


【編集部からお知らせ】
2月23日からパシフィコ横浜で開催する「CP+2017」のRICOHブースにわっきさんが登壇することになりました。

今回とりあげた製品。
自撮り棒 monopod(モノポッド)

マルチアングルスティック

一脚 Sポール II

脚の細いミニ三脚

SLIK プロミニ III

フレキシブルミニ三脚 ゴリラポッド

卓上三脚 KFPT-1

カメラネジ付き吸盤

スマートフォンホルダー

【連載記事】
パノラマVRの撮影に必須の全天周カメラ4台、RICOH THETA S、Insta360 Nano、GIROPTIC 360cam、Galaxy Gear360を動画で徹底比較

全天周カメラの撮影にひと工夫、差が出る5つの