好きな人とはいつでもつながっていたいし、こまめに連絡だって取りたいと思ってしまうものですよね。

でも、あまりにもやりすぎてしまうと、それが命取りとなって、恋が終わってしまうことだってあり得ます。

そこで今回は、「短命カップル」がやりがちなダメLINEを紹介します。

 

■常に「探り」を入れてくる

付き合っていれば、彼氏の行動が気になるでしょうし、全てを把握していたいなんて気持ちも出てくることでしょう。でも、それを本当に実行したりしたら、束縛がきついと感じられてしまい、彼氏に逃げられる確率も高くなってしまいます。

「今どこ?」、「何しているの?」、「誰といるの?」なんて、まるで探りを入れているかのようなLINEを頻繁に送ってしまうと、彼氏には確実にうっとうしく思われてしまうでしょう。好きだからこそ、そういったLINEを送りたくなるのかもしれませんが、それは愛情とは全く感じてもらえませんよ。

 

■「暗黙のルール」ができてしまっている

「おはよう」と「おやすみ」のLINEは必ず送るとか、家に帰ったら毎日必ず連絡を入れるとか、「暗黙のルール」のようなものができてしまうと、それに息苦しさを感じてしまう男性は少なくありません。

「おやすみLINE」を送るのは悪いことではないですが、それを義務化のようにしてしまうのは絶対にNG。ときにはLINEが来ない日があっても、そのことをネチネチと責めるようなことはするべきではないですよ。

 

■「怒りの長文」を送りつける

ケンカをしたり、腹が立つようなことがあったときに、つい怒りに身を任せて長文のLINEを送ったりしてしまいがち。でも、これは絶対にいい結果を生み出しません。余計にふたりの関係性を悪化させてしまうだけでしょう。

許せないことがあるのなら、面と向かって話し合うべき。LINEで怒りをぶつけると、文字で残ってしまうのでインパクトも強くなりすぎてしまいますし、受け取り方の違いで無駄な誤解だって生じてしまいかねません。そんなLINEを送られたら、彼氏も本気でうんざりしてしまうだけでしょう。

 

■「ムダな会話」ばかりしてしまう

女性はLINEをコミュニケーションツールと捉えていますが、男性は連絡ツールと考えている人が多いです。LINEで長々と会話をしようなんて考えもしていないですし、苦手と感じている男性がほとんどでしょう。

それにも関わらず、毎日のようにLINEでどうでもいいムダな会話をしてしまうと、それが男性にはかなりの苦痛になります。あなたからのLINEが来る度に、ため息をつくようにさえなってしまいかねませんよ。

 

LINEはいつでもどこでも簡単につながれる、カップルにとってはとてもあり難いツールであるでしょう。でも、それによって縛りつけすぎてしまうと、関係を悪化させてしまうこともあるので注意してくださいね。

【画像】

※ Kaspars Grinvalds/shutterstock

【関連記事】

※ こりゃきついッ…男が「正直しんどい」と感じるエッチなお願い

※ うますぎるって…!男を骨抜きにする「キス」の究極テク

※ 男が「好きな女だけに仕掛ける」可愛いイタズラ3つ

※ マジで萎えるわ…!男子が「エッチ中」に思わず幻滅する行動Top5

※ ウホッ…!男が大興奮するエッチ中の「うぶっぽい仕草」4つ