写真提供:マイナビニュース

写真拡大

凸版印刷は1月27日、アジェンシアが開発した360度のパノラマVR映像を平面マップ・データ上に配置することで、アプリやホームページなどでツアー形式のコンテンツを公開できるクラウド型CMS(Contents Management Service)「dougaVR(ドウガブイアール)」の提供を開始した。価格は、初期費用は無料、月額利用料は3万円(定額制、1アカウントで2GBまで利用可能)。

新サービスは、全天球カメラやスマートフォンなどで撮影した360度のパノラマVR映像を専用サイトの管理画面からアップロードし、そのURLをアプリやホームページに組み込むことで、専門的な知識や設備がなくてもコンテンツを容易に公開できる。パノラマVR映像と撮影場所の平面マップをアップロードし、マップ上の任意の場所に複数のパノラマVR映像を配置すれば、ツアー形式のコンテンツにすることも可能だという。

特徴として、360度パノラマVR映像コンテンツの公開の容易さに加えて、低価格・定額制、安定したクラウド環境、スマートフォン用簡易ヘッドマウント・ディスプレイ「VRscope」への対応の3点を挙げている。

料金制度については、CMSを用いて導入企業内でコンテンツの制作・アップロードが可能なため、従来の約3分の1となる低コストを実現したという。クラウド環境に関しては、同サービスの運用にNTTドコモの「ドコモ・クラウド基盤」を利用することで、安定した運用を可能としている。

VRscopeは、同社が提供する簡易ヘッドマウント・ディスプレイ。同サービスで制作したコンテンツはPCの他にスマートフォンでの閲覧も可能であり、安価ながら高い臨場感を提供できるという。

同社は2016年12月にVRコンテンツ・プラットフォームの開発を手がけるアジェンシアが開発した360度パノラマVR映像用CMS「dougaVR(ドウガブイアール)」の日本国内における独占販売契約を締結している。

今後、新サービスを企業の商品紹介やショールーム、店舗内装などの紹介に加えて、自治体の観光地や公共施設紹介などの用途向けに拡販し、2020年に関連受注を含め約10億円の売り上げを目指す。また、同社とアジェンシアは同サービスや関連事業に関して共同で技術開発などを行う方針だ。

なお、新サービスの本格販売に先立ち、NTTドコモ東海支社が撮影した名古屋市東山動植物園の360度パノラマ映像を利用し、1月27日から5月末日まで「dougaVR」のサイトを利用例として公開している。

(山本善之介)