1月26日東京・渋谷で「Red Bull Air Race Chiba 2017」開催の記者発表会と、同レースのマスタークラスに参戦中の室屋義秀選手の「2017 シーズン キックオフ・ミーティング」が開催されました。

1

究極の三次元モータースポーツ、レッドブル・エアレースは、今年も日本で開催されます。2017年シーズン第3戦は6月3,4日に千葉県千葉市の幕張海浜公園で開催。会見では千葉市の熊谷市長、浦安市の石井副市長をはじめとする大会実行委員会の代表者が登壇、千葉大会開催に向ける意気込みと概要、チケット情報などを発表しました。

チケットは21月27日(金)プレミアムスカイラウンジより順次発売が開始されます。券種には2日間通し券と、単日(予選日/決勝日)券があり、2日間通し券には前売り割引が適用されます。気になる価格はプレミアムスカイラウンジの300,000円(2日間券のみ)から、スタート・ゴールエリアの単日券6,000円まで様々。

千葉のレーストラックはどのエリアからでも距離は基本的に同じ。希望エリアに席指定のある場合は、出来るだけ早めに申込んで前方の席を確保するのがポイントです。

[チケット料金]

価格は税込み。早割価格は2日券のみ
券種2日券 ()内は早割価格 /予選・単日券/ 決勝・単日券

プレミアムスカイラウンジ ¥300,000/(単日券設定なし)
スカイラウンジ ¥200,000/(単日券設定なし)
クラブラウンジ ¥120,000/(単日券設定なし)
デラックスエリア¥30,000(¥28,000)/(単日券設定なし)
室屋応援シート ¥35,000(¥33,000) /(単日券設定なし)
一般エリア ¥18,000(¥16,000) /¥8,000/¥12,000
スタート・ゴールエリア¥13,000(¥11,000) /¥6,000/ ¥9,000
カメラマンエリア ¥22,000(¥20,000)/¥10,000/¥15,000
ファミリーエリア(4名) ¥18,000(¥16,000)/(単日券設定なし)

会場には無料で入場できるパブリックビューイングエリアが設けられます。

こちらには大型のビジョンによる観戦が可能。このエリアにも全開で飛行するエアレーサーのエキゾーストノートが届き、レースの雰囲気を肌で感じることができます。また、会場のフードコートやアトラクションエリアもこちらに設営されるとのことです。

大会アンバサダーにはロックバンドのGLAYが就任。大会テーマソング「XYZ(エックスワイジー)」を書き下ろし、3/1よりTVCFなどで使用されます。室屋選手も「飛行機の場合「XYZ」とは飛行機では3次元を意味するので、エアレースのテーマに相応しい曲になるのでは」と期待されていますした。

引き続きおこなれた、「室屋 義秀2017シーズン キックオフ・ミーティング」では、今年のレッドブルエアレースシリーズ参戦を始めとした室屋選手の活動内容が発表されました。

今年もレッドブルエアレース・マスタークラスへ、唯一のアジア人パイロットとして参戦します。目標はズバリ総合優勝。目標達成のために2回の優勝と6回の表彰台獲得を目指します。

室屋選手は「皆さんの声援を力に変え、目標目指して頑張ります」との決意表明をしました。

チームに新しいテクニシャンとして、ピーター・コンウェイ(米)が加入しました。機体はオフシーズン期間をいっぱいに使ってオーバーホールを実施。既に開幕戦のアブダビに送られたとの事。大幅なアップデートは第2戦サンディエゴの前後で実施の予定です。

また、今年も各地でエアショーを開催し、地元福島県とのキッズプロジェクトも継続。レーシングチームSARDと共同の小型機製作プロジェクトの推進や秋頃に本拠地の福島スカイパークにハンガーを新設するとのことです。

今年はエアレースのチャンピオン獲得とあわせ、更に活躍の幅を広げる室屋選手から目を離せません。

(川崎BASE)

室屋選手、総合優勝の決意表明!「Red Bull Air Race 2017」(http://clicccar.com/2017/01/27/440744/)