様々なコラボレーションで話題の「トーキョーチョコレート」が、「ワンピース」デザインのチョコレートを新発売!/© 尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

写真拡大

2月2日(火)より開催されるサロン・デュ・ショコラ2017にて、全世界で人気を博している尾田栄一郎氏原作のテレビアニメーション「ワンピース」と「トーキョーチョコレート」がコラボレーションしたチョコレートが発売される。

【写真を見る】ルフィの粒は「赤ぶどう」、ゾロは「抹茶」、チョッパーは「さくら」、ナミは「みかん」など、味にもこだわり/© 尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

「トーキョーチョコレート」は、最先端なモードと古き良き美意識や文化が共存している都市・東京をテーマにした、三越伊勢丹限定ブランド。

今回、同店と「ワンピース」がコラボレーションして発売される「ルフィコレクション」(2160円)は、カカオ豆を手にしたルフィがプリントされた、バレンタイン限定の完全描きおろしデザインの缶が特徴。中には麦わらの一味のキャラクターからインスパイアされた異なるフレーバー9種が入っている。

また、ドレスローザ編よりドフラミンゴや、コラソン、サボなどがプリントされた9種のチョコレートが入った「ローコレクション」(2160円)も、同時に発売される。

アフターユースでも大活躍間違いなしの限定缶は、ワンピースファン必見!サロン・デュ・ショコラ2017でぜひ手に入れよう。【ウォーカープラス編集部/本村友里】