写真提供:マイナビニュース

写真拡大

京都大学は、物質-細胞統合システム拠点(iCeMS=アイセムス)副拠点長・教授の上杉志成氏、医学研究科博士課程学生の浅野理沙氏らの研究グループが、生体内に存在するビタミンDが、体内の脂質量を抑制するメカニズムを明らかにしたと発表した。

これにより、メタボリックシンドロームやがんなどの疾患の予防に効果のある、安全な人工ビタミンDの作成などに応用されることが期待される。同研究成果は、2017年1月27日午前2時に米科学誌「Cell Chemical Biology」(電子版)で公開された。

生物は脂質の量をさまざまな方法で調節しており、脂質調節に異常があると、メタボリックシンドロームやがんなどの疾患を引き起こす。

そこで同研究グループは、脂質生合成の指令塔である転写因子(DNA上の特定の塩基配列に結合し、DNAからRNAへの転写の過程を促進または抑制する働きを持ったタンパク質の一群)であるSREBP(Sterol Regulatory Element-binding Protein)に着目。ビタミンD代謝物が、SREBPの活性を調節していることを発見し、そのメカニズム解析を進めたところ、これまで知られていなかった方法で、ビタミンDがSREBPの働きを抑えていることが判明した。

ビタミンDについて、これまでに疫学的な報告により、メタボリックシンドロームやがんなどの疾患の予防に効果があることが分かっていたものの、そのメカニズムについては不明なままだった。今回の生化学的なアプローチにより、脂質代謝とビタミンDとの関係が分子レベルで明らかになってきた。

同グループは、今後の治療薬展開やツール開発を視野に入れ、現在、VDR(Vitamin D receptor:ビタミンD受容体)活性化能を持たず、SREBPの活性抑制のみを示す誘導体の探索を行っている。より選択性の高い SREBP 阻害分子を合成することで、脂質代謝疾患の解明および治療に対する新たなアプローチを見出すことにつながると期待されている。