EXO スホ、デビュー後初のソロ曲リリース…コラボの相手はジャズピアニストのソン・ヨンジュ

写真拡大

SMエンターテインメントのデジタル音源公開チャンネル「STATION」フィナーレを飾る待望の52番目の曲が公開される。

SMエンターテインメントのデジタル音源公開チャンネル「STATION」の52番目の主人公は、EXOのスホが務める。ジャズピアニスト、ソン・ヨンジュの旋律に合わせて歌った「カーテン(Curtain)」だ。本作は2月3日0時にMelOn、Genieなど各種音楽サイトを通じて公開される予定。

「カーテン(Curtain)」は、スホの甘い声とソン・ヨンジュの強いながらも切ないピアノ演奏が美しく調和するポップバラードで、スホの初ソロ曲であるだけに話題を集めそうだ。

スホは、26日に放送を開始したMBC9部作ドラマ「三色のファンタジー」で主演を引き受け、役者として熱演するなど、個々の活動を通して多彩な才能と魅力を発揮しており、今回のソロ曲で見せる新たな姿がより一層期待を集めている。

ソン・ヨンジュはバークレー音楽大学を卒業した秀才で、2010年と2012年に韓国大衆音楽で最優秀賞を受賞し、韓国を代表するジャズピアニストとして認められ、昨年12月24日に発売された放送兼ジャズボーカリスト、イ・ドンウの正規2集収録曲「愛がある(Once There Was A Love)」に参加するなど、精力的に活動している。

SMのSTATIONは、さまざまなアーティスト、プロデューサー、作曲家たちとのコラボレーション、ブランド☓ブランドのコラボレーションなど、多彩な試みで毎週新しい音楽を届けて好評を得ている。