一般財団法人省エネルギーセンター主催の「省エネ大賞製品・ビジネスモデル部門」において、TNGA(Toyota New Global Architecture)採用第1号車となるトヨタ プリウスのハイブリッド技術が、最高位である「経済産業大臣賞」を受賞しました。

1

プリウスは初代モデル発売以来、世界におけるハイブリッド車の普及促進に貢献してきましたが、中でも4代目となる現行モデルは、これまでの優れた環境性能にさらなる磨きをかけ、クラス世界トップレベルの燃費40.8km/L(Eグレード)を実現。

現在では日本をはじめ、北米を中心に世界約130の国・地域で販売されており、昨年11月末時点で累計世界販売台数は350万台を超えています。

2月15日から東京ビッグサイトで開催される「ENEX2017 第41回地球環境とエネルギーの調和展」で、今回の「経済産業大臣賞」受賞表彰式が行われるそうです。

同会場では、本技術の展示・説明(2017年2月15日から17日の3日間)を行うそうなので、興味のある方はこの機会にさらに詳しい技術解説を聞いてみるのも良いかもしれません。

Avanti Yasunori・画像:トヨタ自動車)

【関連記事】

モデリスタが新型「プリウスPHV」のカスタマイズモデルを出展!
http://clicccar.com/2017/01/17/437260/

動画で見る新型「プリウスPHV」の先進ディスプレイ機能!
http://clicccar.com/2017/01/09/433480/

【CCOTY2016】TNGA採用で質感が大きく向上した4代目プリウスに10点!
http://clicccar.com/2016/12/31/431413/

新型プリウスPHVの「EVモード」は一度経験するとやみつきになる楽しさ!
http://clicccar.com/2016/12/24/429307/

大盛況のイベントで明かされた、新型「プリウスPHV」の開発秘話とは?
http://clicccar.com/2016/12/21/428357/

【関連リンク】

TOYOTA PRIUS
http://toyota.jp/prius/

「プリウス」のハイブリッド技術が経済産業大臣賞を受賞(http://clicccar.com/2017/01/27/440769/)