サンフレッチェ広島は27日、織田秀和代表取締役社長の1か月の減給5%と、強化部長のけん責処分を科したことを発表した。

 これは昨年、DF千葉和彦がアンチ・ドーピング規則違反の疑いで暫定的に資格停止処分を受けたことによるもので、16年12月20日付で資格停止を伴わないけん責(懲戒処分のうち最も軽いもの)と(公財)日本アンチ・ドーピング機構による制裁内容が決定。これにより、千葉の公式試合への出場ならびにチーム練習や催事への参加が可能となっていた。