2006年に公開され世界的な大ヒットとなった、女子による女子のためのお仕事ムービー『プラダを着た悪魔』。

2003年の同名ベストセラー小説を映画化した本作は、ニューヨークを舞台に、ファッション誌『ランウェイ』の鬼編集長ミランダ(メリル・ストリープ)の元で、ジャーナリストを目指す新人アンドレア(アン・ハサウェイ)がアシスタントとして奮闘する姿を描いた作品。

The Hollywood Reporter>によると、この度あの名作が、ブロードウェイでミュージカル化されることが決定したんだとか!

ミュージカル化にあたり作曲担当に選ばれたのは、世界が誇る大御所ミュージシャン、エルトン・ジョン。エルトンは元々この作品のファンだったらしく、今回の仕事を受けるにあたり「『プラダを着た悪魔』が劇場でミュージカルに生まれ変わるなんて、すごく興奮するよ! 僕は原作も映画も大好きだし、熱烈なファッション愛好家なんだ。僕が作った音楽を、あの人気作品に落とし込むのが待ちきれない」とコメント。

そして脚本は、『くたばれハムレット』などで有名な劇作家、ポール・ラドニックが担当するそう。

公演開始時期やキャストについてはまだ明らかになっていないけれど、米『ヴォーグ』のアナ・ウィンターをモデルにしたとされる女編集長ミランダを、誰が演じるのか今からドキドキ。ステージ上で披露されるファッションにも注目が集まりそう。

今後ニューヨークを訪れる際は、"ブロードウェイで『プラダを着た悪魔』を観る"が、マストな予定になりそうです♡