春水堂初の辛さが選べる台湾ヌードル「麻辣香菜担々麺(マーラーパクチータンタンメン)」(単品・税抜850円、ランチセット・税抜1100円)

写真拡大

台湾カフェの春水堂(チュンスイタン)から、2016年に注目を浴びた台湾式まぜ麺「麻辣担々乾麺(ガンメン)」の温かい汁麺が登場。「麻辣香菜担々麺(マーラーパクチータンタンメン)」(単品・税抜850円、ランチセット・税抜1100円)を、2月1日(水)から発売する。※ルミネエスト新宿店を除く

【写真を見る】1辛から4辛までの好みの辛さが選べる「麻辣香菜担々麺」はタピオカミルクティーとも相性抜群!

「麻辣香菜担々麺」は、春水堂初となる辛さが選べる台湾ヌードルで、オリエンタルな台湾スパイスの辛味をたっぷり効かせた熱々の汁麺。辛さは好みに合わせて1辛から4辛までの4段階から選べる。特製肉味噌には、オリエンタルな風味の花椒やトウガラシなど5種類のスパイスを練り込み、コクのあるピーナッツ坦々ソースと合わせることで、パクチーの爽やかな香りと花椒の後引く辛さ、ピーナッツの旨味が食欲をそそる味わいを楽しめる。

人気急上昇中のパクチーがたっぷり入ったスパイシーな台湾ヌードル。パクチーや辛いもの好きには堪らない本格的な台湾汁麺を、ぜひ味わってみて。【東京ウォーカー】