厳しく品質をチェックするモーリスのスタッフ

写真拡大 (全3枚)

 乾燥した木の香りが漂う工場。職人たちは木材を旋盤で削り、ギターのボディやネックの形に手際良く仕上げていく。やすりで木を磨く、シュッ、シュッという摩擦音が心地よく建物の中にこだまする──。

 昨年のNHK大河ドラマ『真田丸』の舞台にもなった長野県が、実は日本のギター産業の中心であることをご存じだろうか。長野県内のエレキ・アコースティックギターの出荷額は26億8716万円(2012年・経済産業省「工業統計調査」)で全国1位。2位の静岡(約9億円)を大きく引き離し、46.7%と半数近い国内シェアを占めている。

 中でも松本市は、フジゲンやモーリスといった、国内産エレキギターやアコースティックギターで名を馳せたメーカーが本社を置く。ギター工房も多く、松本で生まれたギターを愛用するプロのアーティストも多い。

「フォークブームの1970年代に、アリスの谷村新司さんや堀内孝雄さん、かまやつひろしさんらが使ってくださったことが、広く認知されるきっかけになりました」(モーリスギターを販売するモリダイラ楽器の鈴木剛氏)

「モーリス持てば、スーパースターも夢じゃない」のCMで知られるモーリス楽器は、国内産アコースティックギターのパイオニアだ。現在でもハンドメイドにこだわり、限られた職人が作るオーダーメイドギターは、高品質でありながら良心的な価格から、ファンの支持も高い。

「職人が作るギターは月に2〜3本ほど。価格は40万円前後で、購入層は40代からシニアまで幅広くいらっしゃいます」(鈴木氏)

 同社の製品の中でも特に高い評価を受けているのが、「マスタールシアー」の称号を持つ森中巧氏の作品だ。デザインはもちろん全ての部品を自分で作り出して、組み立て・仕上げまで行なう。作品には細部にわたるまで、職人としての心配りが張り巡らされている。

「見た目が派手ならいいというわけではありません。音と弾きやすさ、トータルバランスの取れたものが良いギターだと思っています。アコースティックギターは一定のファンがいますので、需要は常にあります。現在もエレキではなく、アコースティックギターを主流としてこだわりを持って作っています」(森中氏)

◆家具作りからギター作りへ

 日本で最初にギター熱が高まったのはベンチャーズやビートルズが来日した1960年代のことだ。1980年代にはバンドブームを迎え人気が爆発。その後、低迷期を迎えるが、最近はアニメなどがきっかけで、若い世代を中心に再びギター熱が高まり始めている。

 長野・松本は今も昔も、そうしたブームを支えてきた。周囲を山々に囲まれた長野県は、湿度が低く良質な木材が生産されることから、家具職人が古くから多数存在した。そうして培った木材加工技術を応用して楽器作りがスタート。特にエレキギターブームが到来した1960年代には、ギター作りを始める会社が勃興する。

 県内でも著しい発展を遂げたのが、元々音楽が盛んな土地柄だった松本市だ。松本は1946年、ヴァイオリニストの鈴木鎮一氏が、音楽を通じた心の教育を行なう「スズキ・メソード」を創設した地でもあり、1992年から毎年夏に行なわれてきた音楽祭「サイトウ・キネン・フェスティバル松本(現在はセイジ・オザワ松本フェスティバル)」でも知られている。

 そんな松本にあるトップメーカーのひとつがフジゲンだ。1960年5月に創立した同社は、1983年にはエレキギターの月産1万4000本と、当時では世界一の生産量を記録。その加工技術からOEM(他社ブランドで売られる製品を受託し生産する)でも世界的に名を馳せ、フェンダージャパンなどの海外有名メーカーが発売するギターを手がけていたこともある。フジゲン国内営業部の今福三郎氏が語る。

「当社の強みは開発力です。例えば厚さ17ミリというネックのグリップがあるのですが、これは量産型の中では世界一薄い。メタル系の速弾きをする人が弾きやすいモデルです。しかし、単に薄ければいいという話ではありません。薄すぎるとねじれやそりに繋がりますからね。加工だけでなく、木の扱いを知っているかどうかにかかっているのです」

 ちなみにこの高い技術は、ギター以外の分野においても評価されている。現在では高級オーディオ機器の木目調部分や、大手自動車メーカーのウッドパネルも製作。ギターの塗装部分が鏡のように映る「鏡面塗装」という技術が、高級自動車などのパネル部分に応用されている。ただもちろん、フジゲンが主軸とするのはあくまでギター製作だ。

「車やオーディオ機器はあくまで部品であり、フジゲンというブランドで出すのはギター。そのスタンスは今も昔も変わっていません」(今福氏)

 そのフジゲンから2002年に独立した杉本眞氏は、松本に自分がデザイン・製作を担当する『Sugiギター』を販売する会社を立ち上げた。

「独立のきっかけは、将来ビンテージと呼ばれるギターを作りたいという思いからでした。ビンテージと呼ばれるには、オリジナルのシェイプ(形)じゃないといけない。だから弊社では原則、シェイプは既製品もオーダーメイドも変わりません。変えると音が変わってしまいますから」(杉本氏)

 同社は特定のアーティストと契約せず、自分たちのギター作りを行なっている。そのこだわりから生まれるギターはプロにも評判で、例えば矢沢永吉は写真集『FACE』の中でSugiギターを手に持った写真をいくつも使っている。

「自分たちの納得いくものを作って、それをプロのアーティストにも演奏していただく。そのスタンスを貫いています」(杉本氏)

 松本のギターには職人の矜持と、音楽への思いが詰まっていた。

■取材・文/白石義行 ■撮影/渡辺利博

※週刊ポスト2017年2月3日号