写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本テレビ系ドラマ『男水!』(毎週土曜24:55〜)の第2話が、28日深夜に放送される。

同作は白泉社・花とゆめ「花LaLaonline」で連載中の木内たつや原作コミックを実写化。高校の弱小水泳部を舞台に、男子高校生たちの青春を描く。メインキャストは主に2.5次元舞台で活躍する俳優たちを集め、同キャストで5月に舞台版も製作する。

第2話では、オリンピックメダリストである瀬戸大也(22)が”男水!スペシャルサポーター”としてゲスト出演することが明かされた。瀬戸は、主人公の榊秀平(松田凌)の中学時代のコーチ役として、回想シーンで登場する。

コーチとしての演技に挑戦する瀬戸は「普段とは違う立場で不思議な演技になっていると思います」と自身を振り返りつつ「すごくいい経験ができました。これをきっかけに水泳の試合を見に行ってみたいなと思ってもらえたら嬉しいです」と、水泳のアピールをした。

また第2話では、秀平が所属する東ヶ丘高校水泳部に臨時コーチとしてやってきた川崎亮也(廣瀬智紀)が初登場。ハルミ(赤澤燈)の作った練習メニューを一喝し、スパルタ練習をスタートさせる。その強引なやり方に部内がバラバラになってしまい、川崎に直談判した秀平も「周りのことばかり気にして泳いでいると速くなれない」と突きはなされ、中学のトラウマを思い出してしまう。

作中でメインとなる東ヶ丘高校には松田凌(榊秀平役)、宮崎秋人(篠塚大樹役)、赤澤燈(小金井晴美役)、佐藤永典(滝結太役)、神永圭佑(原田ダニエル役)、コーチ役に廣瀬智紀(川崎亮也役)が出演。対する強豪校・龍峰高校生徒として、安西慎太郎(藤川礼央役)、小澤廉(平光希役)、黒羽麻璃央(仁科譽役)、池岡亮介(神宮一虎役)が撮影に臨んでいる。