© 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

写真拡大

今なお世界中で愛され続けているディズニー・アニメーション『美女と野獣』が、エマ・ワトソン(ベル役)主演で、実写映画化され、2017年4月21日(金)に、公開されます。

【動画】「美女と野獣」日本版予告編が解禁&ベル役エマ・ワトソンのコメントも到着

注目されるヒロインのキャスティング

アニメーションの実写化作品を多く手掛け、新たなマイルストーンを打ち立てる、近年のディズニー。

斬新な解釈で世界を驚かせた、アンジェリーナ・ジョリー主演『マレフィセント』(2014)、現代のヒロイン像を見事に描ききった、リリー・ジェームズ主演『シンデレラ』(2015)が、大ヒットを記録したのは、記憶に新しいところです。

これら傑作では、ヒロインを体現しているようなキャストが、特に印象的でした。

毅然とした強さと、母性愛が同居するアンジェリーナ・ジョリー

『マレフィセント』(2014)で主役を演じたのは、アンジェリーナ・ジョリー。

ディズニーアニメーション『眠れる森の美女』を、オーロラ姫ではなく、オーロラ姫に呪いをかけるヴィラン(悪役)である、マレフィセントの視点から描く、今までにない切り口が、話題になりました。

アンジェリーナ・ジョリーは、マレフィセントの冷酷な一面を、迫力満点に魅せながら、同時に、オーロラ姫を影から見守る、母性あふれる、暖かい表情を垣間見せ、観客を魅了。

鑑賞後に、「どんだけオーロラが好きなの!」「単なるオーロラのストーカー」と、冗談めかしつつ、マレフィセントへの好意をにじませるファンが続出。

すでに、ハリウッドでの知名度を確立していたアンジェリーナ・ジョリーは、毅然とした強さを持ちつつ、実生活で、多くの子供たちを育てる、母としての包容力も持ち合わせていました。

まさに、これ以上ない適役だったといえるでしょう。

知的で、誰にでも愛される素質を持った、リリー・ジェームズ

『シンデレラ』(2015)では、日本ではほぼ無名の新鋭、リリー・ジェームズが、主役に抜擢されました。

監督ケネス・ブラナーは、シンデレラのキャラクターについて、

「機知があり、賢く鋭敏でありながらも冷たくはなく、目がキラキラしていて、心が美しく、見た目も美しい」

と語っていましたが、リリー・ジェームズは、まさに適役。

参考:【後編】『シンデレラ』監督インタビュー「いつの時代も変わらない“ディズニープリンセスらしさ”とは」

来日記者会見で会ったリリー・ジェームズは、女優として、と言う前に、ひとりの人間として、知的で、ユーモアがあり、自分自身であるということを怖がらない(たとえば、照れも戸惑いも、ありのままに表現できる)、魅力的な女性でした。

デビューしてわずか数年での大抜擢から、文字通り “シンデレラガール” として、世界中が認めるヒロインへと変貌を遂げたのも、当然と感じるくらいです。

自立した大人の女性のカリスマ エマ・ワトソン

いよいよ、2017年4月21日(金)に、日本公開を迎える『美女と野獣』。

『シンデレラ』(2015)で明らかになったとおり、ディズニーは、単なるアニメの焼き直しを目的とするのではなく、古典の名作を、現代の価値観で、描き直そうとしています。

当然、『美女と野獣』にも、大きな期待が集まります。

きっと、「これぞ美女と野獣」と言える、直球の物語でありがら、今までに誰も観たことがない、まったく新しい作品に、仕上がっているはずです。

主人公ベルを演じるのは、エマ・ワトソン。

ベルは、本が大好きで、ディズニーの中でも知的なヒロインのひとり。

街では、周囲から浮いた存在ですが、自分が “人と違う” 事実を受け入れ、かけがえのない自分の個性を信じる、前向きな女性です。

「ハリー・ポッター」シリーズで、魔法学校イチの優等生ハーマイオニー役でデビューし、近年は、自分の意志を持った、聡明な大人の女性として、カリスマ的存在となっている、エマ・ワトソン。

「4歳の時から夢中」と語るベル役を、どのように演じ、観客を魅了するのか、目が離せません。

珠玉のミュージカル・ナンバーと、最高の最高のスタッフ&キャストが手がける『美女と野獣』。

21世紀最高のヒロインの登場となるか、注目しましょう。

■『美女と野獣』

2017年4月21日(金)全国公開

監督/ビル・コンドン
出演/エマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス、ルーク・エヴァンス
配給/ウォルト・ディズニー・ジャパン

© 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.