文科省の職員が、1,700人に異動情報を誤送信

今年1月、文科省は本来1人の職員に送るはずの人事異動情報メールを、送信者が誤って全職員1,700人に送ってしまったことを公表しました。なんでもメールシステムを変更したばかりで「職員が不慣れだった」とのこと。

我々もシステムに変更があると、こういったうっかりはありますよね。さすがに人事異動情報はうっかりでは済まされませんが……。

筆者が懸念しているのは、その後の文科省の対応です。これをもって堂々と「今後、重要文書は紙でやりとりする」と対応策を発表しているのですが、そんなことで教育のICT活用は今後進むのだろうか、と心配になってしまいました。

「リスクがあるから、メールをやめる」のではなく「メールでのリスクを最小化する」という方法を検討しなければ、いつまでたってもICT活用は進みません。今回の事例で言えば文書にパスワードをかける、パスワードは別メールで送る、というお馴染みの単純な方法でも十分に防げたはずです(この方法がセキュリティ上、必ずしも効果的とは言えないという意見もあります)。

文科省は今後職員のICTリテラシーの向上に十分気を払って欲しいな、と思う次第です。

リテラシーの高さから生まれた江戸時代のメディア

テクノロジーがいくら発達しても、それを扱うリテラシーが十分に養われていないと機能しません。歴史上、こんな例があります。

15世紀のヨーロッパでは活版印刷技術が発明され、それまでの木版印刷は廃れました。テクノロジーの進化です。残念ながら日本にはその技術は伝わらず江戸時代は木版印刷のままでした。

ところが印刷技術の遅れに比して瓦版というメディア(読売とも言われる)が江戸時代の日本にはあり、一般大衆の読み物として広く浸透していたそうです。一方、ヨーロッパには一般大衆の読み物は多く存在しませんでした。

テクノロジーで後れをとる日本に瓦版というメディアが生まれ、ヨーロッパには生まれなかったのは何故か。それはひとえに識字率(リテラシー)に起因すると言われています。日本人のリテラシーが高いので、テクノロジーが遅れていてもメディアが生まれたわけです。

つまりメディアというのは「リテラシーとテクノロジーのクロスポイント」に表出するもの、と言えます。教育とICTも同じです。テクノロジーがいくら進化したところで、リテラシーが高まらなければ普及しないどころか、機能すらしません。

 

 

ネット学習の定着で向上する学生のリテラシー

一方、学生たちのリテラシーはどうでしょうか。「知らない人からのメールやLINEにも返信してしまう」「位置情報を付けたまま写真をアップしてしまう」など、まだまだ危うい部分もありますが、家庭学習でのICT活用は進んでいるようです。

例えばインターネット塾「アオイゼミ」(専用アプリでスマホで学習できる塾)は登録会員数が30万人を突破したそうです。

出典元:株式会社葵


約3年前は会員数が1万人だったことを考えると急速な伸びと言えます。映像講義サービスは大小あれども、どこも受講者数を伸ばしていることを考えると(もちろん各社の営業努力もあるのですが)「学生の家庭学習のICT活用リテラシー」が向上している結果と考えられます。

アオイゼミ代表取締役である石井貴基氏は以下のように言っています。

「2年前の調査ではコアユーザーに『アオイゼミを他の人に紹介したことはない。ネットで勉強してる、と他の人にいうのが恥ずかしい』と言われました。しかし最近は調査をしてもそのような声は上がってきません。『ネットで勉強をする』という学習スタイルがキャズムを越えた証左ではないでしょうか」

このように民間主導の領域では学習のICT活用が進む一方、学校現場ではなかなかICT活用が進んでいないのが現状です。テクノロジーは十分に進んでいるので、学校現場のICTリテラシー向上に文科省は尽力して欲しいと考える次第です。

それにはまず「一斉講義型」の授業形式を見直すところから始めるべきです。全員に同じ情報を伝達する、というスタイルであるため学校現場は「特にICT活用をしなくても困っていない」という環境にあります。

しかしソーシャルメディアの隆盛で「より個に寄り添った」サービスが多くの業界で発展するなか、教育は未だ約30人の学級に一元的に講義を行っていることが多く見受けられます。個々の学習に寄り添うということを実現しようとすれば、ICT活用が必要になってくると学校もわかってくるのではないでしょうか。

 

<プロフィール>

大辻雄介

大手進学塾・予備校に勤務したのち、ベネッセコーポレーションでICTを活用した教育の事業開発を担当。日本初の無料インターネット生放送授業を行い、当時最大15,000人が同時に受講した。その後、隠岐にある海士町へ移住し、隠岐國学習センターの副長として日々生徒の指導を行う傍ら、島のICT活用を推進している。海士町から離島中山間に遠隔授業を配信しており、リクルート「スタディサプリ」数学講師、ベネッセ「受験算数ウェブ授業」算数講師もつとめる。2016年度、島根県情報化戦略会議委員。

テレビ東京系列「クロスロード」2016年10月8日(土) 出演

【連載】大辻雄介の「教育のIoT思議」
第7回:教育のICT活用で浮かび上がる課題とは

第6回:汎用端末か専用端末か

第5回:タンジブルな遠隔授業を。

第4回:AIのある教室

第3回:電子黒板は黒板のIoTではない。

第2回:つながる教室

第1回:教育の未来はIoTにある。
 

 

筆者:大辻 雄介