「ガス・電力自由化」料金見直しで、節約効果を得るヒント

写真拡大

■見直すタイミングと落とし穴

昨春からはじまった電力自由化に続き、今年4月からは都市ガスの自由化がはじまる。かつての電力会社と同様、これまではガス会社も管轄地域で独占的にガスを販売できたが、自由化後は他の業者も自由に参入でき、任意で料金を設定できる。

しかし、土地と発電設備さえあれば参入できる電力市場に対し、ガス市場に参入するには都市ガスの原料となる天然ガスを調達しなくてはならない。そのほとんどは輸入に頼っているため、新規参入できるのはすでに発電用に大量の液化天然ガスを持つ電力会社や石油会社、鉄鋼会社が中心になる。

なかでも電力会社は、ガス会社のもっとも手ごわいライバルになるだろう。ガス業界トップの東京ガスが年間1200万トン輸入している中、東京電力は年間2500万トンと国内トップの輸入量だからだ。

といっても、利用するガスの導管はこれまでと同じなので、品質に変化はない。私たち消費者は、純粋に料金プランやサービスでガス事業者を選べばいい。

電気・ガス・水道などは、自動的に口座から引き落とされるという意味で、保険や家賃などと同じ「固定費」的な位置づけである。固定費は、一度見直せば自動的に節約効果を発揮する。

電力自由化においても、標準的な4人家族でシミュレーションした場合、利用会社を見直すことで年間5000円程度料金を引き下げることができた。ガス自由化を控えた今、もっとも大きな節約効果を得るにはどうすればいいか。

もし現在、電力事業者の見直しを行っていないなら、しばらくは「現状維持」が正解だ。安い料金プランを掲げる業者には、「2年縛り」などの制約を設けるケースもある。ガス自由化によってもっと魅力的なプランが登場したとき、簡単に乗り換えができるよう、今は身軽でいるべきだ。電気料金が安くなるとはいっても、年間5000円程度である。違約金などのペナルティがあれば節約効果が低くなるうえ、煩雑な乗り換え手続きを何度も行うのは不毛である。

また、安易に「セット割」に飛びつくのも得策ではない。かつての保険の自由化を思い出してほしい。自由化が進むにつれて、保険会社ごとに強みができ、単品でそれらを選んで組み合わせるほうが1社のセット割よりも安いという結果になった。

電力・ガス自由化においても状況は同じだ。電力自由化の際は、新規参入業者も含めた新料金プランが出揃うのに開始直前までかかった。それを踏まえると、ガス自由化による新料金プランも出揃うまでは契約を待つほうがいい。電気料金比較サイト「エネチェンジ」と同種のガス料金比較サイトの登場を待ち、プランを吟味しよう。

節約効果など自由化のメリットばかりを挙げてきたが、注意点もある。一つは先に挙げた契約解除のペナルティである。

もう一つは、滞納に対する厳しさだ。これまでは、ガス会社の側にもライフラインとしての意識が強かったため、数日支払いが遅れても電力・ガスの供給が止まることはなかった。しかし、自由化されればこれまでの常識は通用しないかもしれない。

また、地方のガス会社は経営体力が乏しく、老朽化したインフラを抱えているケースも多い。都市部ほどの新規参入がないこともあり、料金格差が広がることも考えられる。

今は、徐々に発表される情報を集める時期だ。安易な契約を避け、最良な選択を。

----------

藤川 太
ファイナンシャル・プランナー。CFP認定者。宅地建物取引士。慶應義塾大学大学院修了。自動車会社で研究開発に従事後、ファイナンシャル・プランナーに。「家計の見直し相談センター」を設立。
 

----------

(大高志帆=構成 小原孝博=撮影)