史上最年少の世界No.1DJマーティン・ギャリックス (c) Sony Music

写真拡大

DJのマーティン・ギャリックスが、4月29日・30日の2日間に渡り、ZOZO マリンスタジアム及び幕張海浜公園EDC特設会場にて開催される日本初上陸の世界最大級音楽フェスティバル<EDC JAPAN>に出演することが発表された。

マーティンは、世界最大級のダンスミュージック・メディア「DJ MAG」が昨年10月に発表したユーザーからの人気投票で決定する<世界の人気DJランキング>で自身初の首位に輝き、弱冠20歳での1位獲得という史上最年少記録を打ち立てた。また、米「フォーブス」誌が発表する<世界DJ長者番付>でも自身初のトップ10入りを果たし、推定年収は16億円に及ぶとも報道されている。

またマーティンは現地時間26日、イギリスのシンガー・ソングライター兼モデルのデュア・リパを迎えた2017年第1弾シングル「スケアード・トゥ・ビー・ロンリー」を全世界一斉配信、同曲のミュージック・ビデオも公開している。世界トップクラスの人気アーティストとして急成長を遂げているマーティン、2017年のさらなる活躍に期待と注目が高まっている。