第一線から退いた永里亜紗乃だからこそ見える世界がある。今も第一線で戦う永里優季だから感じる世界がある。今や異なる立場にいながら相通じるこの2人から、今後何が生まれるのだろうか。

――引退後、帰国してからいろんな形でサッカーにかかわってきた2016年だったと思いますが、整理はもうついてきましたか?

永里亜紗乃(以下、亜紗乃) まだ3割ぐらいは(サッカーを)やりたいんですけどね(笑)。でも、女子サッカーのためにどうしようかともがいているのも悪くないなって思い始めています。

――昨年はリオオリンピックの出場を逃して、今はいろいろ考えさせられる時期でもあります。外から見る姉は?

亜紗乃 いい意味で前よりも気を抜いてやっていいんじゃないかって思います。でも、抜けない性分ですからね(笑)、いつも私は極端に言ってしまうことがあるので今日の試合は全部ドリブルでいってシュートすればいいよ〜とかぐらいがちょうどいいのかなと思います。中にいるときは、なんで彼女をもっと生かせないのか、それなら自分がどう生かせるか考えてましたけど、今は外から楽にさせられないかなと考えるようになりました。

――新生なでしこジャパンはどう映っていますか?

亜紗乃 まだ始まったばかりだから、難しいんですけど......。上(の世代)は上で今のポジションを守ってる感じ。下はそれを奪わなきゃいけないっていう気持ちの度が過ぎちゃって、チームのためにできていない感じはします。U-20世代もひとつ上のカテゴリーに上がると苦しいんじゃないかなって率直には思います。

――そのど真ん中にいる優季選手としては?

永里優季(以下、優季) よくも悪くも未知数なところが多いですよね。代表っていうのはこれまでやってきたことを引き継いでいかなかったら、積み重なっていかない組織だと思うんです。監督が変わって今まで積み重ねてきたものは何だったのかってことになってしまったら意味がない。またイチからってなったら時間がないですよね。

――その中でも、いろんな意味で見直すことは必要なのでは?

優季 それももったいない。去年はドイツの試合とか、ヨーロッパの試合とか結構見たんですけど、ドイツ、ノルウェー、スウェーデンはかなりの勢いで進化してる。すでに出遅れていると感じます。

――リオオリンピックでのスウェーデンはチャレンジャーとしての戦い方と、攻めるときに戦い方のモチベーションの使い分けがすごく上手でした。あれを見て、日本だってメリハリの利く戦い方はできるはずだと感じてしまいました。

亜紗乃 日本は弱点をなかったことにしますよね。弱点に目を向けないっていうか。日本人ってカウンターをあまりしないじゃないですか。足が遅いからって。でも、カウンター(の成否)ってそんな単純な理由じゃないと思うんです。その一点だけでカウンターは無理だみたいな、弱点は無視っていうような風潮はもったいない。

――そういう見方もあるんですね。逆かと思っていました。カウンターは単調な攻撃で、まわして崩す方が高度、といったような具合に長所を立てすぎているのかなと。

亜紗乃 長年なでしこリーグを見ていても、国内だとできちゃうからフィジカルを軽視している気がします。

優季 ドイツやアメリカはもちろん、リオオリンピックではスウェーデン、カナダ、オーストラリアがひとつ上にいったなって感じました。この3チームは、もともとフィジカルやスピードを持っていたけど、それを生かす戦略と戦術がなかった。それを身につけたから、今はワンランク上のサッカーを体現できている。オーガナイズの仕方がいいんだろうし、その差が出てきてしまっているのかなって思います。

亜紗乃――ここからその差はどんどん出てきますよね。

優季 ほかの国はもっとテクノロジーを使っているし、もっとデータ化、数値化して、戦術を練ったり、分析をしてます。カナダ代表の選手がチームメイトにいるんですけど、その選手にいろいろデータとか見せてもらったんです。「こんなことまでやってるの?」っていうくらいすごく先をいってました。

――Jリーグでもいろいろな場面を数値化しています。ヨーロッパでももはや主流ですよね。ごまかしがきかない。

優季 そう! 説得力あるし、数値化しなきゃいけない。結局ビジネスと一緒。しっかりと数値化して残さなきゃいけない。世界のサッカーを見ても男子もそうだし、テクノロジー使ってるチームが結果を残していますよね。

亜紗乃 日本は10年くらい前から止まってしまってる。女子は特にそう感じます。

――まずは同じ土俵で戦える準備を整える必要がありますよね。その上で、なでしこジャパンが発展していくために必要なことは何だと思いますか?

優季 目標にワールドカップと東京オリンピックがあったとして、じゃあ何のためにそれを目指すのかっていう目的意識の部分で、チーム全体として共有できるものがなかったら、優勝できるようなチームにはなれないと思う。あとは、もっと海外に出ていく選手が増えないと。実際相手にするのは海外の選手なわけで、多分そういった選手が今後の代表を引っ張っていかなきゃいけなくなるから。

亜紗乃 今まで、なあなあにしてきた問題を外からしっかり発信していきたいです。上のレベルになればなるほど、こういうところで差が出てくると思います。

――厳しい状況ではありますが、2017年はどういった1年にしたいですか?

優季 年々経験値も上がって、チーム内での立場も変わってきているから、2016-17シーズンもリーダーシップの部分や、チームをどうやったら勝たせられるかっていうのをテーマにやっています。監督やベテラン選手、若手とのコミュニケーションの中でどうやったら一人ひとりが気持ちよくプレーできるか、よさを発揮できるかっていうことを考えながら。その上で自分の立ち位置はどうするのか、というところを学びながら今できています。

――今だからできることでもありますね。

優季 選手としての成長って技術だけでなくて、立場によっていろんな経験ができる。今後、引退した後に役立つようなデータだって取れる。組織論やマネジメント論、リーダーシップ論とか。そういった部分で吸収していけるようにしたいです。そして自分自身、体、技術、精神とか、すべてのことで探求していくことはこれからも続けていかないといけないだろうし、きっとそれを怠ってしまったら、確実に進化は止まってしまうと思っています。

――なでしこリーグでも110試合出場してて、海外に渡ってドイツだけでも100試合超えとなりました。移籍を果たす際に思い描いていた自分に今、沿っていますか?

優季 とっくに通り越してしまってます(笑)。想像していなかった領域に今、います。

――自分のこれからをどう描きますか?

優季 去年とか一昨年とか、自分がイメージしていたものを超えてしまってることに気づけてなかったから、それで戸惑っていた部分もあった。いろんな人と会う機会に恵まれて、いろんな刺激を受けたおかげで自分のやりたいこと、すべきことが明確に描け始めて、ようやく歯車が回り始めた感じがあります。

――具体的には?

優季 プレーヤーとしての成長はマストだけど、それプラス自分は女子サッカー界のため、社会のためにどんなバリューを提供できるかっていうこと。それを視野に入れた活動は増やしていきたいと思っているし、女子サッカー選手を目指す、プロサッカー選手を目指す女の子が当たり前になるような社会にしていきたい。今だとその夢は描きづらいですよね。ワールドカップ優勝してから5年も経っているのに何も変わらなかったっていう現状があるから、本気でそこを変えるために取り組んでいかないといけないと思っています。

――いろいろ突き抜けた感じですね。

優季 サッカーって、社会があって成り立ってる。その社会の流れや仕組みを理解しないと改善はされないし、社会との関わりをもっと持っていかないといけない。選手は完全に隔離された鎖国みたいな環境の中にいるから。現役中に自分が強みにできること、興味あること、武器になることを見つけていかないと。もう現役選手がその競技にだけ集中してればいいっていう時代は終わったと私は思っています。

――サッカーだけの人は、サッカーという枠がなくなったときが問題ですね。

優季 そういう人をできるだけ減らしたいから、活動をしていきたいんです。ただ現役中にそういった学ぶ機会がないだけで、もちろん選手が自覚を持ってそういった場に出向くというのは必要ですけど、提供さえすれば機会は生まれますから。

――亜紗乃さんは、2017年をどんな年にしていきたいですか?

亜紗乃 今年は大きな大会がない年だからこそ、個人的には女子サッカーファンを増やしたいです。ちゃんとサッカーを見て、ファンになってほしい。だからリーグも質の高いサッカーをしなきゃいけない。あと、一番気になっているのが海外に出る選手をあまりよしと思っていないこの日本。そこはぜひ変えていきたい。海外サッカーをもっと発信できたらなって思うし、海外に行く利点を自分の経験を踏まえて、もっと発信していかなきゃいけないと思っています。それが私の2017年の目標です!

 それぞれの道を歩んでいる2人だが、共通しているのは女子サッカーへの熱い想いだ。それぞれの立場からできることを始める。永里姉妹のみならず、こうした想いを抱いて活動している選手や元選手は多い。今はまだ種を蒔いたばかりでも、いつか必ず芽を出し、育つときがやってくる。彼女たちがどのようにその種を育てていくのか。新たな楽しみがまた2つ増えた。

早草紀子●取材・文 text by Hayakusa Noriko