「原石」という言葉がピッタリくる選手だ。

 金メダルを目標に臨んだ昨年のリオデジャネイロ五輪で、残念ながら10位に終わってしまった「サクラセブンズ」こと、7人制ラグビー女子日本代表。大会後、当時の浅見敬子ヘッドコーチは、「世界のフィジカル、スピードは上がっている。もっと選手を発掘しないといけない」と語気を強めていた。

 そんな中、理想的な選手が彗星のごとく現れた。身長171cm、体重74kgの恵まれた体と、50mを6秒7で駆け抜けるスピードを兼ね備えた17歳、東京高校3年の大竹風美子(ふみこ)だ。

 大竹は、1月7日から11日間にわたって行なわれた「セブンズユースアカデミー」の合宿に練習生として参加。日本ラグビー協会が、ユース世代のタレント発掘と育成・強化を目的に実施した合宿で、ほかの有望選手たちを差し置いて抜群の存在感を放った。その新星の軽快な動きを見たラグビー関係者が色めき立つ。それもそのはず、大竹が本格的にラグビーを始めたのは、2017年に入ってからなのだ。

 父はナイジェリア人で、母は日本人。もともとは陸上競技で五輪出場を夢見ており、中学時代には東京都で100mと200mを制している。200mで2015年の世界陸上に出場したサニブラウン・ハキーム(城西大城西高3年)とは同学年。「東京での五輪開催が決まって、意識はしていました。ハキームは、今はスターになって遠い存在になってしまいましたが、中学時代は張り合っていましたね(笑)」と当時を振り返る。

 中学を卒業後、東京高に進学。リオ五輪でも活躍したケンブリッジ飛鳥を育てた陸上の強豪校で、大竹は7種競技の選手として練習を積んでいた。

 そんな彼女が、どうして楕円球と出会ったのか――それは、昨年春のバスケットボールの授業中でのこと。ボールを取り合っている生徒を見ていた大竹は、「無意識にボールを奪って、ドリブルしないで走ってしまった」という。まさしく、ラグビーの起源とされるイギリスのラグビー校で起きた「ウェッブ・エリス伝説」を彷彿とさせる、嘘のような本当の話である。

 そこに、さらなる偶然が加わる。その授業を担当していたのが、1月の花園で東京高ラグビー部を初のベスト8に導いた森秀胤(ひでつぐ)監督だったのだ。授業後、森監督は大竹を呼び寄せた。

「もちろん反則でしたし、怒られると思ったら......。『いいものを持っている。ラグビーをやってみないか』と言われたんです」

 夏にインターハイと高校陸上選抜大会を控えていたため、すぐに7種競技からの転向とはならなかったものの、「前から、性格的にはチームスポーツのほうが向いていると思っていた」と、新しい競技への興味を抱いていた時だった。

 5000点超えを目標に挑んだ昨年夏のインターハイでは、砲丸投げで11m86、200mで25秒34と自己新記録を出して一時は首位に立つなど、5053点で6位に入賞した。「最後のインターハイで5000点を出して、やり切った感じがあった」という大竹は、インターハイと同時期に開催されたリオ五輪セブンズの映像を見たことで、ラグビーの魅力に徐々に惹かれていくことになる。

 そしてついに、陸上からラグビーへの転向を決意すると、まだ練習さえ始めていないにも関わらず、昨年、7人制ラグビーの大会「太陽生命ウィメンズセブンズ」で初優勝した日体大を志望する。その希望は、同大出身の森監督から日体大ラグビー部の関係者にも伝えられ、進学も決まった。話はさらに広がり、大竹の存在は女子ラグビー指導者の間でも「面白い選手がいるらしい」と噂になっていたという。

 大竹は選抜大会が終わった8月末に7種競技を引退。その後も陸上の練習を続けていたが、「セブンズユースアカデミー」の合宿に呼ばれたことで、1月から本格的にラグビーを始めた。3回目の参加となる1月26日からの合宿で大竹は、すでに練習生ではなく正式なメンバーとして名を連ねている。

 リオ五輪後にヘッドコーチを退任し、現在はコーチとして女子ラグビーの指導にあたる浅見氏は、「本当に今までにはいなかったタイプ」と、大竹のポテンシャルに驚きを隠さない。

「まだ(ラグビーを)始めて2週間くらいなのに、おしりも大きいですし、パワーもすごい。陸上出身の子だと(相手のディフェンスのプレッシャーで)逃げてしまうことが多いんですが、ディフェンスの間にダイナミックに切り込んでいく。陸上でやっていた部分とラグビーを融合できるよう、うまく育てられればと思っています」

 女子の7人制ラグビーは、今年は2月に沖縄セブンズ、4月には北九州でワールドシリーズ、そして9月にはアジアシリーズと国際大会が控えている。特にアジアシリーズは、2018年の7人制ラグビーワールドカップのアジア予選を兼ねると見られているが、それまでに大竹がデビューを果たす可能性も十分にある。

 ラグビースキルはまだまだ未熟だが、大竹はその身体能力を武器に、常に笑顔で新しいチャレンジを楽しんでいる。浅見コーチが「(同じく陸上の投てきから転向した)桑井亜乃のような選手になってほしい。まだ若いですし、難しいことを要求してもしょうがないので、『ボールを持ったら走りなさい』と指示しています」と話すように、まずは得意のランでアピールしていきたいところだ。

 大竹の目標はやはり、2020年の東京五輪。味の素スタジアムで行なわれる7人制ラグビーの中軸になることができるのか。まずは楕円球に慣れ親しみ、日本代表の桜のジャージーを目指す。その意気込みを語る目は希望に満ちていた。

「ラグビーで輝きたいです! ハキームと一緒に2020年の東京五輪に出られればいいですね」

 決意を胸にラグビーに転向した「原石」は、どこまでその光を増すことができるか。

斉藤健仁●取材・文 text by Saito Kenji