写真提供:マイナビニュース

写真拡大

オウチーノ総研は1月27日、「2016年、人気の高かった市区町村ランキング(新築マンション・新築一戸建て/首都圏編)」を発表した。2016年1月1日〜12月31日、住宅・不動産サイト「O-uccino」新築サイトの各市区町村ページのアクセス数が多い順にランク付けしたもの。

第1位は、新築マンション・新築一戸建てともに東京都世田谷区だった。調査では、「都心の新築マンションや郊外の駅近・大規模マンションなどの価格が高騰するなか、駅から少し離れた住宅エリアに建設されることの多い東京都世田谷区の新築物件は割安感もあり近年見直されている」とコメントしている。

以下、新築マンションでは、2位東京都港区、3位東京都中央区、4位東京都練馬区、5位東京都千代田区、6位東京都江戸川区、7位東京都足立区、8位東京都江東区、9位東京都台東区、10位東京都品川区と続いた。

新築一戸建てでは、2位埼玉県さいたま市浦和区、3位千葉県船橋市、4位神奈川県横浜市青葉区、5位東京都墨田区、6位東京都練馬区、7位東京都板橋区、8位東京都江戸川区、9位東京都杉並区、10位埼玉県朝霞市となった。