『キセキ −あの日のソビト−』で共演した松坂桃李と菅田将暉

写真拡大

映画、ドラマ、舞台でプリズムのように毎回違う色の輝きを放つ俳優、松坂桃李と菅田将暉。今回2人がGReeeeNの名曲「キセキ」誕生秘話を描く青春映画『キセキ −あの日のソビト−』(1月28日公開)でW主演を務め、熱いライブシーンにもトライした。互いに刺激を受け合っているであろう2人を直撃し、改めて感じた音楽の魅力について話を聞いた。

【写真を見る】グリーンボーイズを演じたのは菅田将暉、横浜流星、成田凌、杉野遥亮のイケメン4人/[c]2017「キセキ -あの日のソビト-」製作委員会

全員が歯科医師免許を持っているという異色の覆面ボーカルグループ、GReeeeN。彼らがなぜ素性を隠して活動しているのか、その秘話が本作で明かされる。松坂はアーティストの道を志す兄ジンを、菅田は兄ジンがプロデュースすることになる「グリーンボーイズ」のメンバー、ヒデを演じた。

最初はアーティストとしてメジャーデビューを目指していたジン。松坂は歌唱シーンの難しさにうなったようで「いままで味わえない感覚や経験ができましたが、それ以上に1曲歌うだけなのにすごく大変なんだと痛感しました」と言葉をかみしめる。

「普段、自分は歌を聴く側にいるけど、実際に歌う側に立った時に初めて、こんなにもいろんな技術を駆使してやっていたのかと気づきました。アーティストの方々はライブで10曲以上歌い続けるわけだから、本当にすごいです。僕なんてたった1曲だけでもヒーヒー言っていたので。この作品が終わってまた聞く側に戻った時、もっと奥の方まで音楽を楽しめる感覚が生まれたような気がします」。

菅田は横浜流星、成田凌、杉野遥亮からなる劇中のグループ「グリーンボーイズ」として、CDデビューも果たした。収録されたのはGReeeeN結成のきっかけとなった「声」、デビュー曲「道」、代表曲で映画のタイトルにもなった「キセキ」のカバー3曲だ。さらに4人は1月7日にさいたまスーパーアリーナで開催された本家GReeeeNのライブに前座としても出演した。

「音楽に対してリスペクトがあるからこそ、簡単にミュージシャンの世界に手を出しちゃダメだという気持ちがありつつ、僕よりも音楽に詳しい方々や芸能界をたくさん知っている方々が勧めてくれたので『じゃあ、やってみようかな』ということでやりました。しかも、さいたまスーパーアリーナで1万6000人の前で歌うなんて、普通の役者人生だとまずありえない。経験してみたい!と思っちゃったんです」。

2人とも実際にGReeeeNのプロデューサーであるJINやメンバーのHIDEと対面し、感じたことを役づくりに生かしたようだ。松坂はJINと会った時に「言葉の吸引力をすごく感じました」と言う。

「何ともいえない力ですね。『風を感じるんだ』と言われていましたが、男から見てもすごくカッコいい方だったので、そういう人を惹きつける魅力はちゃんと表現したいと思いました。また、JINさんは裏方に回りましたが、それは妥協ではなく、きちんと自分に折り合いをつけて決断し、いまあの場所にいるということを、撮影をするにつれてだんだん感じていきました。JINさんがストレートに音楽に携わり続けてきた気持ちをものすごく大事にして演じましたね」。

菅田もHIDEを心から尊敬する。「超人です。歯医者さんをやりながら年間100曲以上も作っている。それが特別なことという感覚ではなく、当たり前なこととしてやっている感じが端から見たらすごくストイックです。“二兎を追う者が二兎を得た”という凄みは何なのだろうと考えた時、やっぱり楽しむことが大事なのかなと。GReeeeNのみなさんのレコーディング映像を見せてもらったら、こんなふうに笑い合えるんだ!とびっくりしました」。

GReeeeNの熱い思いを歌い上げた菅田将暉と、彼らをプロデュースする側に回ったJINの情熱を体現した松坂桃李。本作を観ると、彼らが歩んできた道のりはまさに「キセキ」そのものだったと実感させられる。【取材・文/山崎伸子】