大会アンバサダーはGLAY レッドブル・エアレース2017千葉大会記者発表会

写真拡大 (全9枚)

6月3日・4日に千葉市の幕張海浜公園で開催される、レッドブル・エアレース2017千葉大会の記者発表会が東京で行われ、大会概要が明らかになりました。

【関連:年間スケジュール発表・2017年シーズン】

今年で3回目の開催となる千葉大会。会場となる千葉市の熊谷市長は「市内で様々な方にお会いしますが、このレッドブル・エアレースほど地元の皆様方が楽しみにし、そしてインパクトを受けた大会というのは、そうあるものではありません」と、大会のもたらした影響を強調。世界の人々に千葉市、そして海辺に関心を持ってもらう大変重要なイベントだと語りました。2014年秋に最初の開催を発表した記者会見からは較べものにならない程の取材陣の多さに「感無量です」と充実した表情を見せていました。

千葉市の熊谷市長

レースエアポート(臨時滑走路とハンガー)が開設される浦安市の石井副市長も、会場到着時に「こうして皆さんとお会いすると、昨年の興奮がよみがえりますね」と笑顔を見せ「昨年は、実行委員会の方にご尽力いただいて(土曜日に)パイロットのサイン会も開いていただいて、市民の方々、遠くからいらした方々に喜んでいただきました。(決勝)当日はパブリックビューイングで市民の方2000名あまりをご招待いただき、優勝した室屋選手の表彰式も浦安で行われており、メイン会場の千葉市さんと連携して、大変盛り上がりました。今年も楽しみにしています」とコメント。

浦安市の石井副市長

発表会にはローソンHMVエンタテイメントの坂本社長、グッドスマイルカンパニーの安藝社長、そして実行委員会の河野委員長も出席。過去2年の実績の大きさを語りました。グッドスマイルカンパニーの安藝社長からは、昨年発売した缶から変形する飛行機モデルが好評だったので、それに加えてまた新たな商品を考えている……とのこと。期待しましょう。

ローソンHMVエンタテイメントの坂本社長

グッドスマイルカンパニーの安藝社長

また、河野実行委員長からは、今年はフードコートやグッズ売店、様々なアトラクションを行う「フェスティバルエリア」を無料開放し、チケットがなくても楽しめる範囲を広げると発表。モニターを設置し、パブリックビューイングも実施する予定とのことです。このエリアからは、飛ぶ機体は木立に隠れて見えませんが、生のエンジン音を聞きながらになる為、臨場感溢れるものとなるでしょう。

河村実行委員長と司会のやまだひさしさん

今回のアンバサダーにはGLAYが就任。昨年会場を訪れた経験などを基にした書き下ろしの新曲「XYZ」が大会テーマソングとして使用されます。この楽曲を使用した大会CMは、3月1日から放送予定です。

発表会には昨年の千葉大会の覇者、室屋義秀選手も登場。報道陣の多さに驚きつつ「これだけ多くの方に注目いただいて、取材していただけるのはありがたいですし、また多くのファンが増えて、大きな力になるんじゃないかと思います」と語ってくれました。

室屋義秀選手

席種はプレミアムスカイラウンジ、スカイラウンジ、クラブラウンジ、デラックスエリア、室屋応援シート、一般エリア、スタート・ゴールエリア、カメラマンエリア、ファミリーエリアの9種類。チケットは1月27日18時から順次先行発売が行われ、一般発売は3月4日の12時より開始されます。チケットの詳細は特設サイトでご確認ください。

観客席エリアマップ

(咲村珠樹)