ギラヴァンツ北九州、2017新ユニフォームは新スタ完成で「一新」と「一心」!

写真拡大

ギラヴァンツ北九州は今月末、待望の新スタジアムであるミクニワールドスタジアム北九州が完成する。

J2で過去6年間、一桁順位4回の彼らにとって、2016年はようやく本気でJ1昇格を目指すことができるシーズンだった(※それまではスタジアムの問題によりJ1ライセンスを取得できず)。ところが結果は、まさかの最下位。21位で迎えた最終節のモンテディオ山形戦で敗れツエーゲン金沢に逆転を許し、J3へ降格することになってしまった。

とはいえ、小倉駅から徒歩7分の場所に球技専用スタジアムが誕生することは、クラブ史における大きな転換点。新たに就任した原田武男監督のもと、真新しいホームで、1年でのJ2復帰を目指す。

なお、ホーム開幕戦となる3月12日のブラウブリッツ秋田戦は、入場無料、先着8,000名に黄色の記念マフラータオルを配布などスペシャルなイベントになるようだ。

Giravanz Kitakyushu 2017 bonera Home

ギラヴァンツ北九州 新ユニフォーム

その北九州の2017シーズンに向けた新ユニフォームがこちら。

ホーム(1st)は、新時代の到来ということでこれまでのイメージを一新し、クラブ初となるシャツ・パンツ・ソックスの全てが黄色一色のユニフォームを採用。

ギラヴァンツ北九州 新ユニフォーム

クラブエンブレムにも採用している北九州市の市花“ひまわり”をモチーフに黄色をベースにしたコントラストで表現。また、ハードワークで躍動感あるサッカーを展開しダイナミックに戦うことをクラブカラーの一つでもある赤で表している。

Giravanz Kitakyushu 2017 bonera Away

ギラヴァンツ北九州 新ユニフォーム

アウェイ(2nd)はクラブの前身であるニューウェーブ北九州を彷彿とさせるカラーリングを採用。白と紺を配色することでスタイリッシュさと、スタジアムの東と北側に見える海のような大海へ力強く漕ぎ出すクラブを表現している。

ギラヴァンツ北九州 新ユニフォーム

シャツの全面にカモフラ(迷彩)柄を配したほか、その柄の一つに北九州市の地形を取り入れ、北九州を身にまといファン・サポーター・北九州市民と一心となり戦う魂を表現した。

ギラヴァンツ北九州 新ユニフォーム

GKユニフォームは、ホームにユニフォームスポンサーである安川電機とTOTOのコーポレートカラーでもある青、アウェイにはクラブ公式応援歌『燃えろ!ギラヴァンツ』、クラブエンブレムのモチーフ、クラブ名の語源である“Girasole”の一部にある“SOL”(太陽)から赤を採用している。

ユニフォームスポンサーは前述の2スポンサーが入れ替わり、胸に「安川電機」、背中上部に「TOTO」という2012シーズンの形に戻った。袖の「ナフコ」、パンツの「ゼンリン」はそのまま継続する。