指先ひとつでこんなに深い。

「Reactable」という卓上シンセサイザーがありまして、かのビョークがライブツアーで使用し、魔法のような音楽を作り上げたことでも知られています。モバイル版として「Reactable mobile」があるんですが、これを更に進化させた後継アプリ「ROTOR」を使って『ストレンジャー・シングス』のテーマをカバーした演奏が公開されています。



映像はアプリの開発元、Reactable Systemsより。

シーケンサーやループ、エフェクトなどを配置・連携させ、それぞれのオブジェクトを動かすことでインタラクティブにサウンドが変化します。アルペジオのフィルター変化やパッドサウンドのうねりも、アプリらしからぬ複雑なモーションですね。


170119ktrotor2.jpg


もっと使いやすくするため、画面に取り付けるシャレオツなツマミ型コントローラーが公式から販売されています。大画面のiPad Proに取り付けてブリブリ回せば、指先は無限のシンセマシンに。

・ドラマ『ストレンジャー・シングス』に登場するデモゴルゴンの恐ろしい撮影裏

image: YouTube, Rotor
source: YouTube, iTunes 1, 2, Rotor

(ヤマダユウス型)