写真提供:マイナビニュース

写真拡大

フリーランスを支援する事業者とフリーランス個人が1月26日、「プロフェッショナル&パラレルキャリア フリーランス協会」を任意団体として設立した。

フリーランスによる共助社会の創出を目指し、フリーランスの働きやすい環境整備を行い多様な働き方の選択肢を社会に広めることが狙いという。

活動内容は、調査やメルマガ、イベントなどフリーランスの認知向上のための啓発活動、フリーランスの事業およびキャリア形成支援、フリーランスの労働環境改善・向上に向けた政策提言など。

フリーランスを支援するマッチングプラットフォームであるWaris、ランサーズ、クリエイターズマッチ、サーキュレーション、ブランニュウスタイルやフリーランス向けサービスを展開するfreeeが理事・幹事となり、エンファクトリーやパーソルテクノロジースタッフなど合わせて23社のフリーランスを支援する事業者が参画している。

また、設立と同時に個人会員(無料メルマガ会員)の募集を開始しており、4月に社団法人化と個人会員(有料の正会員)の募集開始を予定。2017年度中に、1万人規模の個人会員の入会を見込んでいる。