引用元:WaterMinder® - track your daily water intake, hydrate, feel better!

あなたは毎日何リットルの水を飲んでいますか?
人間の体は約60%の水分でできていて、水は体でも非常に重要な役割を果たしています。

今回紹介するアプリ『WaterMinder - 水分補給のお知らせ&記録アプリ』は、1日に摂取する水分の量をお知らせしてくれるアプリです。
あなたの性別、体重、活動レベル、天候に対して適切な水分摂取量が設定されるので、このアプリを使えば1日に摂取する水を簡単に把握・記録できますよ。

また、このアプリは現在セール中で、通常360円のところセール期間中(1/27 12:00現在)は無料でダウンロードできます。

(※表記している価格は調査時点のものです。正しい価格はiTunes内の表示価格になりますので、アプリケーションの購入前には必ずiTunesでの価格をご確認ください。)

設定方法と使い方

このアプリを使うにあたって、まずは設定する項目がいくつかあるので順を追って説明していきます。

1:ヘルスケアと連携して性別や体重を設定

アプリを起動したらまず「ヘルスケア」との連携を求められます。
ヘルスケアのアクセスを許可して「すべてのカテゴリをオン」を選択します。
次に「名前」「性別」「体重」「活動レベル」「天候」を設定しましょう。


© 2013 - 2016 Funn Media

2:単位を変更する

性別や体重を設定したら、1日に必要な水分摂取量が表示されます。
デフォルトでは「oz(オンス)」で表示されるので、「測定単位を変更」をタップして「ml(ミリリットル)」に変更しましょう。


これで初期設定は終了です。

3:摂取した水分を記録する

水分を摂取する時は、画面中央の「+」アイコンをタップします。
補給する水分の量が表示されるので、飲んだ水分の量のアイコンをタップしましょう。


ここで、飲んだ水分の量が選択肢にないという時は、「設定」でコップの大きさを変更できます。
「コップ」の「+」アイコンをタップすると追加するコップの大きさを入力できますよ。


また、コップを増やさなくても「+」アイコンの右のメニューボタンをタップすれば細かく飲んだ水分の量を設定できます。
水以外にも、お茶やジュースなど飲んだ水分の種類を変更することができますよ。


もしも、間違えて記録してしまった場合でも安心です。
画面下の履歴タブをタップして、間違えた記録を左スワイプすれば記録を削除ができますよ。


4:通知機能で水分補給を忘れない

喉が乾いてないと水分補給をつい忘れがちになりますが、このアプリには通知機能があります。
1日に16回通知するタイミングがあるので、生活リズムに合わせて水分補給のタイミングを設定しましょう。
通知がきたら右にスワイプすると、アプリを起動できてすぐに水分補給を記録できますよ。


また、アプリアイコンバッジの右上には現在の水分摂取量が表示されるので、ホーム画面でもあとどのくらい水分を摂取すればいいのかが一目でわかります。


デフォルトでは1日の水分摂取量が%で表示れてますが、%以外にも設定の「icon badge」でml表記に変更することもできます。


1日の水分摂取量を適切にお知らせするアプリ

寒い時期などはつい水分摂取量がすくなくなりがちですが、このアプリがあれば1日の摂取量を適切にお知らせしてくれます。

日頃から水分摂取量が少なくて気になっている方は、是非このアプリを使って日々の生活を改善してみてはいかがでしょうか?