フランス人に学ぶ!ヘアケア方法とは?

写真拡大

フランス人と日本人の髪質の違い

「髪質の違い」

フランス人と日本人の髪質の違いは、髪の色です。
フランス人には金髪の方が多く、日本人は圧倒的に黒髪の方が多いです。

髪の色は、メラニン色素に含まれている「ユーメラニン」・「フェオメラニン」の比率によって決定します。

「髪質の異なる性質」

髪質の異なる性質というと、髪の太さと固さです。
フランス人の髪は、細く柔らかく、日本人の髪は太く固いのです。

髪の太さと固さは髪の持つコシやハリ、ダメージ耐性などに影響します。
そのため、日本人の髪の方がコリやハリがあり、ダメージに強いと考えられています。

「髪の持つクセ」

髪の持つクセにも違いがあります。
日本人と比べフランス人は、クセ毛の人が多いのです。
多くの人が生まれつき、髪にカールやウェーブがかかるクセを持っています。
一方日本人は比較的、クセのないストレートヘアの方が多いのです。

フランス人のヘアケア方法とは

フランス人のヘアケア方法の特徴としてあげられるのが、自分の本来の髪質を活かすことを大切にしているところです。

そのため、カラーリングやパーマといった施術はあまり施さず、自分の髪質を活かしたスタイリング方法を施しています。

「スタイリング」

スタイリングの際には、あまりドライヤーで熱を加えてクセを付けることはしません。

そのおかげもあり、髪に対するダメージを最小限に抑えることができています。

「整髪料」

整髪料もフランス人は、あまり使用しないそうです。
その代わりとして、頭皮から分泌される皮脂によって得られる自然なツヤや、まとまりを活かしてスタイリングします。

そのためなのか、フランス人は日本人のように毎日シャンプーをする人が少ないようです。

シャンプーは1日置き程度の間隔の方が、髪のコンディショニングを保つのに良いという考えを持っている人も多いようです。

フランス人のヘアケア方法を要約すると、そのままの自然の髪の美しさを活かすためのヘアケア方法ということになります。

本来の髪質を活かすヘアケア方法や、髪に余計なダメージを与えずスタイリングをするという考え方は、日本人にも参考になる部分が多いかと思いますので、ぜひ一度、取り入れてみてください。