(C)2017「キセキ -あの日のソビト-」製作委員会

写真拡大 (全12枚)

松坂桃李さんと菅田将暉さんのダブル主演で今話題となっている映画『キセキ ―あの日のソビト―』が、公開前から注目を集めています。


誰もが知る国民的大ヒットソング「キセキ」誕生の裏に、本当にあったキセキの物語を描いたこの作品は、兄弟を中心に家族と仲間との間で起こる様々な迷いと衝突の中で、自分の進むべき道を切り開いていく姿を描き出した青春ストーリー。
今回は公開に先駆けてその見どころご紹介しちゃいます♡



映画『キセキ ―あの日のソビト―』ストーリー



厳しい父の反対を押し切り、家を飛び出したミュージシャンの兄ジン(松坂桃李)。父の想いを受け、歯医者を目指す弟ヒデ(菅田将暉)も、仲間と共に音楽の魅力に引き寄せられていた。音楽に挫折していた時、弟たちの才能を知ったジンは、そんな彼らに自分の夢を託すことを決意する。
歯医者はやりたい、歌もやりたい。でも恐ろしい父親には絶対に言えない――。そこで彼らがとった、ありえない作戦とは!?
それは前代未聞の顔出しなしのCDデビューだった……。



映画『キセキ ―あの日のソビト―』の見どころは


本作を作るきっかけとなったのは、GReeeeNのプロデューサー・JINと、本作の担当・小池賢太郎プロデューサーとの偶然の出会いから始まったのだとか。
小池プロデューサーは、GReeeeNのメンバー・HIDEの実兄であり、GReeeeNのすべてを見てきたJINからGReeeeNが今の形になるまでの背景を聞くと、ぜひその物語を一本の映画にしたい……そう思ったのだそう。


男性四人組からなるGReeeeNはメンバー全員が歯科医業と音楽を両立させている異例のグループ。本作のタイトルにも含まれている「キセキ」をはじめ、多数のヒットソングを輩出しており、彼らの歌を聞いたことがないという人はいないのでは?

にもかかわらず、2007年のメジャーデビューから一貫してメンバーの素顔や名前を伏せたまま活動しており、音源のリリース時も本人たちが雑誌やテレビにでてプロモーションすることはありません。

それでも、その楽曲は幅広い世代から共感を呼んで愛され、人と人とをつなぐ音楽の形を切り開いています。



顔もわからない彼らの音楽のなにが、どうして、こんなにも人々の心をとらえるのか。そこには彼ら自身がGReeeeNになるまでに向き合ってきた家族や兄弟との関係、仲間と築いてきた絆がある……この映画ではそんな知られざる裏側を覗き見ることができるでしょう。

ちなみに映画のタイトルとなっている“ソビト”とは、「素人」または「空人」という意味の呼称。自由に新しいことに挑戦していく人……という意味が込められたGReeeeNによる造語なのだそう。

ノリにのっている若手俳優が多数出演


主演をつとめる松坂桃李さん(ジン)、菅田将暉さん(ヒデ)はもちろんのこと、脇を固めるキャストもとっても豪華。 ヒデの彼女・理香役には、忽那汐里さんが、GReeeeNのメンバーには、横浜流星さん(ナビ)、成田凌さん(クニ)、杉野遥亮さん(ソウ)など今ノリにのっている若手俳優たちが出演。
仲間たちとの絆を描いた青春ストーリーは必見です。




また、松坂桃李さんの歌唱シーンは全女子胸キュン間違いなし。菅田将暉さんから「マイクを持つ手がエロい!このシーンは注目です!」と太鼓判を押されているほどセクシーなシーンに仕上がっていますよ♡




女子同士でワイワイ観に行っても良し。彼氏と映画デートに行っても良し♡
この週末、ぜひ映画館に足を運んでみては?
「キセキ -あの日のソビト-」は1月28日(土)から全国ロードショーです!