中島卓偉が3月8日(水)に、約2年ぶりとなる18作目のニューシングル「我が子に捧げる PUNK SONG」を発売する

写真拡大

中島卓偉が3月8日(水)に、約2年ぶりとなる18作目のニューシングル「我が子に捧げる PUNK SONG」を発売することをオフィシャルサイトで発表。

「上手く言えない」は、アンジュルムが'16年10月に発売したシングルの収録曲

MV、ジャケ写、CD収録内容などを一挙公開し、さらに本人からコメントが届いた。

CDには「我が子に捧げる PUNK SONG」の他、「たられば」「上手く言えない」「超えてみせろ」の4曲を収録。

これまでプライベートである自身の結婚、子供については公言をしていなかったが、本作をもってその発表としている。

また、「上手く言えない」はハロー!プロジェクトのアンジュルムに提供した楽曲のセルフカバーとなる。

■中島卓偉コメント

アーティストがプライベートなことを報告しなきゃならない、という義務はないと強く思っています。このような詞が自分の中から生まれてこなかったら、結婚し父親になったことの報告はしなかったと言い切れます。

しかし、これだけSNSが発達した時代では報告しないことが「隠してる」と思われてしまうこともある。ロックシンガーとして、曲を書き歌うだけの自分を評価してほしいという気持ちは常に変わりませんが、このタイトルでリリースをするためには説明が必要だと思い、この文章を書くに至りました。

デビューして18年、自分が感動した事だけを歌にして生きてきました。自分が感動できるものじゃなければ絶対に人は感動させられない、それをポリシーに歌を書いてきました。

自分の人生にとって子供の誕生はかけがえのない感動でした。自分の育ってきた環境は、そして今までの自分の人生はずっと灰色でした。ずっと色が付いていませんでした。

我が子の誕生を体験し、やっと自分の人生に色が付いた、そう感じました。だからこそこの曲を書こうと決意しました。若い頃なら絶対に付けなかったタイトルだとも思います、でも、倅(せがれ)を思うとこのタイトルしかありえなかった。父親になったことで格好よさの基準も変わってきました。

この詞を書き終えて気付いたことがあります。自分の倅に対して書いたことは間違いないのですが、本当は自分の親父にこう言ってほしかったんだという答えが出ました。

厳格な親父は、高校も受験せず歌をやると決めた自分に反対し、最後は自分を勘当しました。ガンを患った親父の余命が半年と分かっていながら、自分は上京し、何も解り合えないまま親父は死んでいきました。

でも、あの時この歌詞にあることを言ってもらえたら、どれだけ強くなれただろうと思うのです。それが甘えなのは分かっています。でも愛の後ろ盾がない今までの自分の人生は本当に苦しかった。卑屈になり、心は欠落し、大人になるのに随分と時間がかかった。

だからこそ、自分の倅にはこう言っておきたい。自分自身も父親であることを後悔したくない。そして、親父に言ってほしかった言葉は何だったか、それを突き詰めながら何度も何度も書き直し完成させました。

アーティストが自分の子供に歌う曲はバラードが多いと思います。タイトルもこの曲ほど直接的なものは少ないと思うし、一見そういう曲に聴こえなくても、よく歌詞を読めば実は子供のことを歌っている曲も多い。

でも、中島卓偉がやるならこれくらいパンクな曲で歌いたい、中島卓偉が書くならこういう歌詞で叫びたいと思うのです。これが自分なりの、真のラブソングだと思っています。

この歌詞で一番好きなフレーズです。

「正解は一つじゃない でも人生は二つしか無い 挑まないで生きていくか 挑み続けて生きるか」

この先も挑み続ける人生を選んで、どこまでもロックしていきます。今、30代最後のアルバムを制作しています。楽しみにしていてください。

そして夢を叶えようと努力する人に、頑張って生きるすべての人にこの詞が届くことを願っています。