写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ジャパンディスプレイ(JDI)は、TFTを形成する基板にプラスチックを採用した5.5型フルHD液晶ディスプレイ「FULL ACTIVE FLEX」を開発したと発表した。

液晶ディスプレイのTFT形成には、一般的にガラス基板が用いられてきたが、プラスチック基板としたことで、容易に曲げられようになったり、落下の衝撃による割れの防止などが可能となった。また、独自の低周波駆動技術を採用することで、通常の60Hz駆動のほか、30Hz/15Hz駆動を可能とし、消費電力の低減も可能としたという。

ディスプレイの仕様としては、精細度が401ppi、液晶モードは光配向IPS(IPS-NEO)を採用。輝度は500cd/m2(Typ)で、コントラスト比は1500:1(Typ)としている。)

なお、同製品は2018年の量産開始を予定しているほか、同技術をスマートフォンのほか、ノートPCや車載製品などへの展開も検討していくとしている。