何よりも人生を楽しもう

写真拡大

長生きするには、食べ物や運動など健康な生活習慣を心がけることが大事だが、何より人生を楽しむことが一番のようだ。

英ロンドン大学のチームが、「人生の楽しみ」が多い人ほど死亡リスクが低くなるとの研究をまとめ、英医学誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」(電子版)の2016年12月25日号に発表した。

「人生楽しんでいる?」と何度も調査した結果

論文によると、これまで「幸福感」と「長寿」の関係については多くの国で研究が行なわれてきたが、結論は出ていない。「幸福な人ほど長生きする」という報告がある一方、「幸福か不幸かは死亡リスクに影響しない」という調査も出ている。こうした研究では、対象者に「幸せかどうか」を聞く質問を最初に1回だけするケースが多かったため、研究チームのアンドリュー・ステブトー教授(心理学)らは、持続的に「幸福感」の調査を行なう方法を採用した。

50歳以上の男女9365人を対象に、2002年から2013年までの11年間追跡調査した。参加者には、2002年から2006年まで2年ごとに3回にわたり、「人生を楽しんでいるかどうか」を尋ねた。質問項目は次の4つだ。

(1)自分がしていることを楽しんでいる。

(2)ほかの人と一緒にいて楽しい。

(3)どちらかといえば幸せな気持ちで自分の人生を振り返ることができる。

(4)最近はエネルギーが満ちていると感じている。

この質問に対し、「決して(楽しんでいない)」「まれに(楽しい)」と否定的な回答をした場合は「0点」。「普通(楽しんでいる)」「しばしば(楽しんでいる)」と肯定的な回答をした場合は「1点」とした。4つの質問の合計点が0〜2点の人を「人生を楽しんでいない」、3〜4点の人を「人生を楽しんでいる」と評価した。3回の調査で、全体の34%が3回、22%が2回、20%が1回「人生を楽しんでいる」と答えた。そして、24%が3回とも「人生を楽しんでいない」と答えた。ちなみに「人生を楽しんでいる」と答えた人は、「女性」「既婚者」「同居中」「高学歴」「裕福」「若い」「現在、雇用中」の人が多かった。

調査期間中に1310人が死亡した。「人生を楽しんでいる」と答えた回数と比較して分析すると、「人生を楽しんでいる」度合いが高い人ほど死亡率が低くなった。たとえば、まったく「人生を楽しんでいない」人に比べ、「人生を楽しんでいる」と2回答えた人は死亡率が17%低くなり、3回答えた人は24%低くなった。1回答えた人は有意な差はなかった。

健康だから長生きなのか、不幸だから短命なのか

ところで、「幸福感」と「長生き」の関係を調べる研究では、いつも「深刻な病気を持っている人は不幸で、死亡リスクが高い。幸福だから長生きなのではなく、長生きできるほど健康だから幸福なのだ」というパラドックスの問題がある。そこで、ステブトー教授らは、最後に「人生の楽しみ」の調査を行なった2006年から2年間に死亡した人を統計から排除して計算をし直した。重病だった人の要素を評価の対象から外したのだ。それでも結果は同じだった。

ステブトー教授ら論文の最後にこうコメントしている。

「今回の結果は観察研究であり、なぜ人生を楽しむと長生きにつながるかの因果関係を説明することはできません。人生の楽しみには、快楽的な楽しみと人生の満足感、人生の意味を理解することの3つがあります。大切なことは人生の楽しみを持続的に維持すると長期間健康でいられるということです」