先代マツダ・ロードスターは、ソフトトップとリトラクタブルハードトップ(RHT)のうち、RHTが半数以上を占めていたそうです。現行のND型では、リトラクタブル仕様をより独立させたモデルにするべくファストバックスタイルを採用し、ロードスターRF(リトラクタブルファストバック)という車名も新たに与えています。

1

2016年の12月22日に発売されたロードスターRFの発売約1カ月の受注台数が公表されました。1月23日時点で2,385台で、250台という月間販売計画の約9.5倍になります。趣味性の高いモデルだけに発売前から予約をしている人が多いとしても好調なスタートといえます。

グレード別では中間グレードの「VS」が61%、スポーティな「RS」が22%、ベーシックの「S」が17%。トランスミッション別ではATとMTが約半数ずつ。また、ユーザーは20代から60代以上の幅広い層から支持されているとのこと。

ボディカラーは、力強い陰影のコントラストと表面の緻密さを高次元で両立することで、鉄の無垢感のような質感表現が実現された「マシーングレープレミアムメタリック」が48%で一番人気。

つぎに「ソウルレッドプレミアムメタリック」が20%で、「魂動デザイン」をひきたてるマツダ自慢の塗装技術「匠塗 TAKUMINURI」を採用したボディカラーが約7割を占めています。内装は「VS」に設定した上質なナッパレザーを使用したオーバーン(赤褐色)のシートカラーが好評だそう。

オーナーからの好評点は「オープン時クローズ時双方のスタイルが良い」「スタイル荷室スペースを牲にしていないことが魅力」、「今後もしいクルマづくりを期待しているなど、マツダの狙いどおりになっているのはもちろん、今後もマツダらしさが期待されているのがうかがえます。※写真はすべてプロトタイプです。

(塚田勝弘)

月販目標台数の何倍?マツダ・ロードスターRFが発売から1カ月で2385台を受注(http://clicccar.com/2017/01/27/440566/)